ホーム > 書籍詳細:最も東洋的なるもの

最も東洋的なるもの

鈴木大拙/講演

2,200円(税込)

発売日:2007/10/25

書誌情報

読み仮名 モットモトウヨウテキナルモノ
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [1CD]52分
ISBN 978-4-10-830204-4
C-CODE 0895
ジャンル 文芸作品
価格 2,200円

東洋と西洋の自然観の違いを例にとって両文化の差異を浮き彫りにし、東洋思想の本質に迫った名講演。93歳にしてなお矍鑠と「西洋人に伝えるべきこと」を説き続けた“世界の禅者”鈴木大拙の肉声を収めた貴重な講演。

目次
[1CD]52分24秒 (1)~(4)
(1) 英語を学びはじめたころの疑問
(2) 西洋では物事をふたつに分けて考える
(3) 「自然」とは「おのずから、しかるべき」こと
(4) 個人主義的な「自由」ではなく

著者プロフィール

鈴木大拙

スズキ・ダイセツ

(1870-1966)明治3年金沢市に生れる。6歳の時、医者で儒者だった父を失ったため、苦学して四高まで進み、同校で西田幾多郎らと親交を結ぶ。明治24年上京。東京専門学校(早大の前身)に学ぶかたわら円覚寺の今北洪川について参禅。明治25年東大選科に入る。27歳の時、洪川老師の後継者釈宗演の縁でアメリカに渡り、出版社に勤務。この頃より仏教関係の著作を英訳刊行。明治42年、帰国して学習院、東大の講師。大正10年真宗大谷大学教授となり、英文誌「イースタン・ブディスト」を創刊。同誌は20年間にわたって仏教思想を海外へ紹介した。昭和11年ロンドンでの世界信仰大会に日本代表として出席、その帰途、英米の諸大学で講義。戦後はハワイ大学、コロンビア大学等で長く仏教哲学を講じた。昭和24年文化勲章受章。昭和41年96歳で没す。その著書『禅と日本文化』は名著として戦前から多くの読者に読みつがれてきた。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

鈴木大拙
登録
文芸作品
登録

書籍の分類