お知らせ

いま注目の1冊!

人生のバイブル! 感動の名エッセイが映画化!


 典奴どすえ――こんなフレーズでご記憶の方も多いでしょうか。森下典子さんはかつて週刊朝日の名物連載「デキゴトロジー」の取材記者でした。巷の面白話を追う突撃取材が売りもので、ネタを求めて東へ西へ。祇園で舞妓にもなって、お座敷名を典奴。その名から最初の著作のタイトルは『典奴どすえ』になりました。
 記者になる少し前の二十歳の時、森下さんはふとした縁でお茶を習い始めます。『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―』は、それから二十五年間の「お茶」をめぐる日々を綴ったエッセイです。就職に悩み、失恋に傷つき、最愛の父との別れに悲しんだ時、いつもそばに「お茶」がありました。何度も挫折しそうになりながら、ただひたすらお稽古を続ける日々。やがて静かな茶室のなかで、うつろう季節を全身で味わう歓びに気づき、日日是好日――毎日がよい日という言葉の本当の意味を知ります。
 たくさんの読者から「人生のバイブル!」と深い共感を集めている本書が映画になりました。
 監督は大森立嗣さん。主演の典子に黒木華さん。お茶の師匠に樹木希林さん。樹木さんは公開をひと月後に控えた九月十五日に息を引き取られ、本作は最後の出演作品群の一本となりました。
 映画「日日是好日」は十月十三日全国公開です。

波 2018年10月号「新潮社の新刊案内」より

著者紹介

森下典子モリシタ・ノリコ

1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を1987年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける。『典奴ペルシャ湾を往く』『前世への冒険――ルネサンスの天才彫刻家を追って』『ひとり旅の途中』『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』『いとしいたべもの』などの著書がある。

書籍紹介

雑誌紹介