ホーム > News Headlines > 古市憲寿×三浦瑠麗「人生には必ず意味があるか」 〜『誰の味方でもありません』(古市憲寿著)&『孤独の意味も、女であることの味わいも』(三浦瑠麗著)刊行記念トーク〜

イベント/書店情報終了しました

古市憲寿×三浦瑠麗
「人生には必ず意味があるか」

古市憲寿×三浦瑠麗「人生には必ず意味があるか」 〜『誰の味方でもありません』(古市憲寿著)&『孤独の意味も、女であることの味わいも』(三浦瑠麗著)刊行記念トーク〜

国際政治学者として活躍中の三浦瑠麗さんが、専門から離れ、半自伝的なエッセイ『孤独の意味も、女であることの味わいも』を刊行します(5月17日発売)。
三浦さんはご自分の核にあるものとして「コンパッション(共に苦しむこと)」をあげています。「犠牲になり、踏みつけられた者たちの存在に目を向け、怒りを乗り越えたところから出た言葉でなくては、コンパッションというのは浅い言辞にすぎません。恵まれた高みから、愛や、共感や、犠牲を語ってはいけないのです」と。
また、本書では「周囲の人から孤立しても、ひどいことをされても、最愛の子を喪っても、人生には必ず意味がある」と綴り、この信念(コンパッション)がどのように形成されたかを、初めて明かしています。
三浦さんの新刊をめぐって対談していただくのは、コメンテーターや小説家としても活躍する社会学者の古市憲寿さん。新刊『誰の味方でもありません』では、誰も逆らえない「正論」が本当に世の中をよくしているのか、と疑問を投げかけ、一歩引いて社会を見た、独自の視点を提示しています。
普段から親交のあるお二人が何を語り合うのか。生の議論に触れる貴重な機会をお見逃しなく!

開催日時 2019年6月4日(火) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 「AKOMEYA TOKYO in la kagu」2F レクチャースペースsoko
東京都新宿区矢来町67(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 〈チケット〉
■2,000円/自由席
■1,800円/自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)

※トーク終了後、会場で書籍を買われた方を対象にお2人のサイン会を行います。新刊の『誰の味方でもありません』と『孤独の意味も、女であることの味わいも』につきましては、お持ち込みいただいた本でもサインしていただけます。なおサインは1著者につきお1人様1冊とさせていただきます。予めご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。
※開場は開演の30分前です。

関連リンク

著者紹介

古市憲寿フルイチ・ノリトシ

1985年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。著書に『だから日本はズレている』『誰の味方でもありません』(ともに新潮新書)、『保育園義務教育化』(小学館)など。2018年、初の小説単行本『平成くん、さようなら』(文藝春秋、第160回芥川賞候補作)を刊行。『百の夜は跳ねて』は2冊目の小説作品。

三浦瑠麗ミウラ・ルリ

1980年、神奈川県生まれ。国際政治学者。幼少期を茅ヶ崎、平塚で過ごし、県立湘南高校に進学。東京大学農学部を卒業後、同公共政策大学院及び同大学院法学政治学研究科を修了。博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、山猫総合研究所代表取締役。博士論文を元にした『シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)でデビュー。近著に『21世紀の戦争と平和――徴兵制はなぜ再び必要とされているのか』(新潮社)。「朝まで生テレビ!」、「ワイドナショー」などテレビでも活躍する一方、旺盛な執筆、言論活動を続ける。第18回正論新風賞受賞。『孤独の意味も、女であることの味わいも』は初の自伝的著作である。

書籍紹介