ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:古市憲寿

古市憲寿

フルイチ・ノリトシ

著者プロフィール

1985年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。著書に『だから日本はズレている』『誰の味方でもありません』(ともに新潮新書)、『保育園義務教育化』(小学館)など。2018年、初の小説単行本『平成くん、さようなら』(文藝春秋、第160回芥川賞候補作)を刊行。『百の夜は跳ねて』は2冊目の小説作品。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

古市憲寿
登録する

書籍一覧

古市憲寿が紹介した本