お知らせ

いま注目の1冊!

ランキングを席巻! これぞ「大人のミステリー」

Image

 週刊文春ミステリーベスト10(国内部門)第1位を始め、年末のミステリーランキングを席巻したのが、横山秀夫さんの『ノースライト』です。ドラマ化・映画化もされたベストセラー『64(ロクヨン)』から六年余。ついに刊行という期待度や話題性もさることながら、これほどまでの支持を集めているのは、もとよりその内容の充実ぶりからです。
 横山さんといえば警察小説で有名ですが、『ノースライト』には、警察官や刑事が(ほぼ)登場しません。主人公は一級建築士。施主から「すべてお任せします」とまで言われ、忘れていた熱を取り返すように設計したのが、信濃追分のY邸でした。ところが、引っ越してきたはずの施主一家の姿は跡形もなく消え、浅間山を望むように、ただ一脚の椅子だけが置かれていた――。この鮮やかな謎を巡るミステリーです。
 カギになるのは、伝説的な建築家ブルーノ・タウトです。ナチスの迫害から逃れて、タウトは一時日本に滞在しました。Y邸に残された椅子は、果たして「タウトの椅子」なのか。仕事、家族、人生、時間――緻密な伏線に支えられ、重層的に織りなされるこのミステリーには、驚きと同時に、熱いものが込み上げる瞬間が幾度もあるはずです。

波 2020年2月号「新潮社の新刊案内」より

著者紹介

横山秀夫ヨコヤマ・ヒデオ

1957年東京生まれ。新聞記者、フリーライターを経て、1998年「陰の季節」で松本清張賞を受賞し、作家デビュー。2000年「動機」で日本推理作家協会賞受賞。以降、『半落ち』、『第三の時効』、『クライマーズ・ハイ』、『看守眼』など話題作を連打する。2012年刊行の『64』は各種ベストテンを席巻し、英国推理作家協会賞インターナショナル・ダガー最終候補やドイツ・ミステリー大賞海外部門第1位にも選ばれた。『ノースライト』は作家生活21年目の新たな一歩となる長編ミステリー。

書籍紹介

雑誌紹介