ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2022年6月30日号

No.2が「秋篠宮」に謝罪
皇族に悪口三昧「皇宮警察」で隠蔽された
「中国人皇居侵入事件」

週刊新潮 2022年6月30日号

(木曜日発売)

440円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2022/06/23

発売日 2022/06/23
JANコード 4910203150623
定価 440円(税込)

No.2が「秋篠宮」に謝罪
皇族に悪口三昧「皇宮警察」で隠蔽された

「中国人皇居侵入事件」

茨城別荘の「女性遺体遺棄事件」
悲劇の場は「素人AV撮影会」だった
▼父は大手製薬会社のエリート研究員 自宅は「億ション」の令嬢がなぜ……

脛にキズ 「参院選の俗物図鑑」
▼「総理vs.元総理」の火種 安倍ご執心「防衛次官」の首をすげ替えた「岸田総理」の内幕
▼「三原じゅん子」を猛追「浅尾慶一郎」が「シングルマザー解雇」で労働審判
▼選挙・裁判費用に自宅を売却!? 「水道橋博士」に揺れる「玉袋」
▼「小池百合子」にスイッチ入って「山本太郎」が奈落に

遺留品が語る「沖縄戦」秘話
激戦地で発掘「ハンコ」が導く遺族探しの旅 前編
元朝日新聞カメラマン 浜田哲二
元読売新聞記者 浜田律子

『病院で死ぬということ』から30年
ステージ4の「緩和ケア医」が辿り着いた「がん治療」の答え
医師 山崎章郎

【ワイド】“騒乱”の舞台裏
(1)「文政権」が私物化「兵役免除」霧消の果て……「BTS」を“活動休止”に追い込んだもの
(2)「隈研吾」設計「箱根高級ホテル」開発で勃発した反対運動
(3)マドン監督が去っても「大谷翔平」世界最高の「年俸60億円」へ
(4)「岡崎友紀」が「おくさまとハワイ旅行」イベントで金銭トラブル
(5)分骨を望まない「橋田壽賀子」を海に!? 「泉ピン子」のニセ散骨

ワクチンで「老い」を防ぐ!?
世界が仰天 順天堂大チームが開発「老化細胞除去ワクチン」
科学ジャーナリスト 緑 慎也

お年寄りは悩んでいる 「眠りの質向上」で「ヤクルト1000」爆発的ヒット
でも高齢者は「睡眠時間が長い」と死亡リスク1・57倍!
▼最重要の“催眠ホルモン”「メラトニン」を分泌させる法
▼50代~70代が目標にすべき睡眠時間は?

■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
生き抜くヒント!/五木寛之
変見自在/高山正之
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
だんだん蜜味/壇 蜜
誰の味方でもありません/古市憲寿
私の週間食卓日記/荒井宗羅
TVふうーん録/吉田 潮
この連載はミスリードです/中川淳一郎
医の中の蛙/里見清一
アスリート列伝 覚醒の時/小林信也
それでも日々はつづくから/燃え殻
令和の失礼研究所/石原壮一郎
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
夏裘冬扇/片山杜秀
「昭和歌謡」残響伝/タブレット純
俺は健康にふりまわされている/宮川サトシ
佐藤優の頂上対決 原田曜平 マーケティングアナリスト
■■■ MONEY ■■■
前科持ちの「仮想通貨詐欺」犯 新たに「AIトレード」で荒稼ぎ
■■■ テンポ ■■■
ロビー/自民党が4人擁立「新顔女性」の運命
ビジネス/旅行本不況を打開した『地球の歩き方』
タウン/「風俗店案内所」大批判にパルコOBが
スポーツ/「井上尚弥」「那須川天心」相まみえるか
エンタメ/「江口のりこ」ミュージカル初主演が心配
スクリーン ▼テレビジョン ▼ガイド
Bookwormの読書万巻西岡研介
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘
▼文殊のストレッチ ▼掲示板

■■■ 小 説 ■■■
五葉のまつり今村翔吾
笑う森荻原 浩
方舟を燃やす角田光代
黒い報告書/大石 圭
■■■ グラビア ■■■
・産地直送「おうちごはん」
・優越感具現化カタログ
・記念日の晩餐

この号の中吊り

最新号PICK UP

No.2が「秋篠宮」に謝罪
皇族に悪口三昧「皇宮警察」で隠蔽された

「中国人皇居侵入事件」

護衛のご対象となる皇族方への聞くに堪えない陰口に始まり、パワハラや責任転嫁、さらには庁舎で催された酒宴でのボヤ騒ぎ。先週号で報じた皇宮警察の“実態”は反響を呼び、幹部が皇嗣家へと駆けつける事態に――。腐敗した組織の暗部をえぐる続報をお届けする。

茨城別荘の「女性遺体遺棄事件」
悲劇の場は「素人AV撮影会」だった

それは映画『ミスター・グッドバーを探して』のような最期だったのだろうか。茨城県常陸太田市の林道脇で見つかった女性の遺体は、生い茂る樹木の枝に引っ掛かった状態で発見された。しかも奇妙なことに、亡骸は衣服を一切、身に着けておらず――。

脛にキズ 「参院選の俗物図鑑」

6月22日に公示された参院選。投開票日までの19日間、地位と金を懸けた「選良」候補たちの戦いが全国各地で展開されるわけだ。その中には、脛にキズ持つ「珍獣」たちの姿も垣間見え……。今夏発行の参院選・俗物図鑑はいつにも増して色鮮やかである。

お年寄りは悩んでいる 「眠りの質向上」で「ヤクルト1000」爆発的ヒット
でも高齢者は「睡眠時間が長い」と死亡リスク1・57倍!

「睡眠の質向上」を標榜する「ヤクルト1000」が空前のブームで超品薄なことからも、日本人がいかに睡眠に悩んでいるかがわかる。だが、いたずらに長く寝ては死亡リスクが高まるというデータも。では、眠りに悩む高齢者はどうすればよいのか。処方箋をここに。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。

週刊新潮

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • TSUTAYA
  • kinokuniya
  • honto