ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2022年7月28日号

「安倍元総理暗殺」激震収まらず

週刊新潮 2022年7月28日号

(木曜日発売)

440円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2022/07/21

発売日 2022/07/21
JANコード 4910203140723
定価 440円(税込)

「安倍元総理暗殺」激震収まらず
〈文鮮明は誠実で貴重な存在〉
機密文書発掘! 「岸信介」が米大統領に送った
「統一教会首領」釈放嘆願の親書
▼「麻生」「萩生田」カルト宗教と関係「国会議員112人リスト」
▼「ポスター張り」「電話がけ」信者丸抱え選挙
▼「教団推薦」を得るための「3条件」
「安倍さんのご家族に謝罪したい」
「山上徹也」母が吐露した思い
▼教会トップ来日直前に映画『ジョーカー』鑑賞  「射殺犯」の手紙で読み解く「狂弾」「変貌」への妄執
「桜田淳子」罪深き「合同結婚式」

「安倍派」醜悪な“跡目争い”

私が見た人間「安倍晋三」の飾らない素顔
ジャーナリスト 櫻井よしこ

もっとこの世界にいて欲しかった
古市憲寿

「元首相暗殺」私はこう考える
日大教授 先崎彰容
芥川賞作家 田中慎弥
評論家 古谷経衡
「習近平」「プーチン」と対峙
「国葬」で岸田総理を待ち受ける難問

「病院で“別室に”と言われ……」 号泣SPをかばう
「ドキュメント安倍昭恵」

大型連載 「SDGs」を斬る!
「環境原理主義」の罪

孤独、うつ……現代人はなぜ史上最悪のメンタルに苦しむのか
ベストセラー『スマホ脳』著者が語る『ストレス脳』対策
精神科医 アンデシュ・ハンセン
「姥捨て山」にしないためには!?
「高齢者」と「その子ども」が知っておきたい

「老人ホーム」の現実と「転ホーム術」
老人ホームコンサルタント 小嶋勝利
■■■ コラム ■■■
生き抜くヒント!/五木寛之
変見自在/高山正之
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
だんだん蜜味/壇 蜜
私の週間食卓日記/西川大貴
TVふうーん録/吉田 潮
この連載はミスリードです/中川淳一郎
医の中の蛙/里見清一
アスリート列伝 覚醒の時/小林信也
それでも日々はつづくから/燃え殻
令和の失礼研究所/石原壮一郎
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
夏裘冬扇/片山杜秀
「昭和歌謡」残響伝/タブレット純
俺は健康にふりまわされている/宮川サトシ
佐藤優の頂上対決 高岡浩三 ケイアンドカンパニー代表取締役社長
■■■ MONEY ■■■
「日産スタジアム」施工 耐震の「黒沢建設」で社長兄vs.専務弟が“激震”骨肉争い
■■■ テンポ ■■■
ロビー/“13兆円支払え”仰天「東電訴訟」裁判長
ビジネス/夏ボーナス首位「366万円」何の会社?
タウン/グラドルに「セクハラ」と言われて気の毒
スポーツ/センバツ「新ガイドライン」逆ギレ新疑惑
エンタメ/大役を息子に差配「海老蔵」親バカ猛批判
スクリーン ▼テレビジョン ▼ガイド
Bookwormの読書万巻莫 邦富
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼結婚 ▼墓碑銘
▼文殊のストレッチ ▼掲示板

■■■ 小 説 ■■■
五葉のまつり今村翔吾
笑う森荻原 浩
方舟を燃やす角田光代
黒い報告書/並木真琴
■■■ グラビア ■■■
・産地直送「おうちごはん」
・優越感具現化カタログ
・記念日の晩餐

この号の中吊り

最新号PICK UP

〈文鮮明は誠実で貴重な存在〉
機密文書発掘! 「岸信介」が米大統領に送った

「統一教会首領」釈放嘆願の親書

前代未聞の事件から2週間……。狂気の暗殺犯・山上徹也(41)と、元総理とを繋いだ接点は「統一教会」であった。どす黒い凶弾はなぜ安倍氏へと向かったのか。「歪んだ憎悪」の背景にあった、安倍家・自民党と同教団との知られざる歴史と現在を詳らかにする。

「病院で“別室に”と言われ……」「夫の死の意味とは……」
号泣SPをかばう

「ドキュメント安倍昭恵」

事件発生からはや2週間。安倍晋三元総理を一番近い場所で支え続けた昭恵夫人はこの間、何を思い、どう振る舞ってきたのか。

大型連載 「SDGs」を斬る!
「環境原理主義」の罪

「地球を守れ」「地球温暖化を防止せよ」――理想高きかけ声は結構だが、そればかりを目指していては、国連が提唱するSDGsの一番目の目標「貧困をなくそう」は達成できまい。『「SDGs」を斬る!』第3回では、“環境原理主義”の罪をクローズアップする。

孤独、うつ……現代人はなぜ史上最悪のメンタルに苦しむのか
ベストセラー『スマホ脳』著者が語る『ストレス脳』対策

日本人には世界で最も「不安遺伝子」なるものが多いそうだ。うつ病・うつ状態の人が100万を超えて久しい日本だが、その数はコロナ禍で倍増したという国際調査の数字もある。今だから必要な対処法を、あの世界的ベストセラーの著者が詳しく解説してくれる。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。