ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:加藤廣

加藤廣

カトウ・ヒロシ

著者プロフィール

(1930-2018)1930年、東京生れ。東大法学部卒。中小企業金融公庫、山一證券等を経て経営コンサルタントに。2005年、長編時代小説『信長の棺』を引っ提げて文壇デビュー、小泉元首相の絶賛を浴びるなど話題を撒いた。『秀吉の枷』『明智左馬助の恋』に至る「本能寺三部作」はいずれもベストセラーに。『謎手本忠臣蔵』『空白の桶狭間』『利休の闇』『水軍遥かなり』等の歴史時代小説の他、『信長軍団に学ぶ処世の法則』『黄金の日本史』『戦国武将の辞世』等、新書・実用書の著作も多い。2018年4月没。遺作となった『秘録 島原の乱』は、『神君家康の密書』の続編に当る。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

加藤廣
登録する

書籍一覧

加藤廣が紹介した本