ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:桐谷知未

桐谷知未

キリヤ・トモミ

著者プロフィール

翻訳家。東京都出身、南イリノイ大学ジャーナリズム学科卒業。近年の訳書にキャロリン・A・デイ『ヴィクトリア朝 病が変えた美と歴史』、フィリップ・ボール『人工培養された脳は「誰」なのか』、キャット・アーニー『ビジュアルで見る 遺伝子・DNAのすべて』(長谷川知子監訳)、イアン・ゴールディン&クリス・クターナ『新たなルネサンス時代をどう生きるか』、ロジャー・クラーク『幽霊とは何か』、ジョセフ・E・スティグリッツ『これから始まる「新しい世界経済」の教科書』、ジェイ・イングラム『記憶が消えるとき』、サンドラ・ビーズリー『食物アレルギーと生きる詩人の物語』(中村哲也監修)などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

桐谷知未
登録する

書籍一覧