ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:川名壮志

川名壮志

カワナ・ソウジ

著者プロフィール

1975(昭和50)年、長野県生れ。新聞記者。2001(平成13)年、早稲田大学卒業後、毎日新聞社に入社。初任地の長崎県佐世保支局で小6女児同級生殺害事件に遭遇する。被害者となった少女の父親は、直属の上司である同支局長だった。事件から約10年にわたり家族の取材を続けて著した『謝るなら、いつでもおいで』が大きな話題に。他の著書に『密着 最高裁のしごと――野暮で真摯な事件簿』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

川名壮志
登録する

書籍一覧