ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:宇能鴻一郎

宇能鴻一郎

ウノ・コウイチロウ

著者プロフィール

1934(昭和9)年生れ。東京大学文学部国文学科卒業後、同大学院博士課程中退。在学中に発表した短編「光りの飢え」が芥川賞候補となり、翌1962年、「鯨神」で第46回芥川賞受賞。『逸楽』『血の聖壇』『痺楽』『べろべろの、母ちゃんは……』『むちむちぷりん』『夢十夜 双面神ヤヌスの谷崎・三島変化』等著書多数。他に名エッセイ『味な旅 舌の旅』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

宇能鴻一郎
登録する

書籍一覧

宇能鴻一郎が紹介した本