●1603年
徳川家康、江戸に幕府を開く
●1642年
井原西鶴生まれる
●1644年
松尾芭蕉生まれる
●1653年
近松門左衛門生まれる
●1682年
『好色一代男』刊行
●1702年
『奥の細道』刊行
赤穂浪士討入り
●1703年
『曾根崎心中』初演
●1761年
山東京伝生まれる
●1767年
曲亭馬琴生まれる
●1776年
式亭三馬生まれる
●1809年
『浮世風呂』初編刊行
●1814年
『南総里見八犬伝』
執筆開始

●1837年
大塩平八郎の乱
●1841年
天保の改革始まる
●1842年
『南総里見八犬伝』完成
●1848年
曲亭馬琴没
●1853年
ペリー浦賀に来航
●1867年
大政奉還
●2003年
江戸開府400年



姓は瀧澤、名は興邦、のちに解。明和四年(一七六七)六月九日生まれ。終生江戸に住んだ。父は旗本松平信成の用人。九歳で主家の孫君に仕えるがうまくいかず、十三歳で出奔。その後十数年は流浪の人生を送る。二十四歳で山東京伝の門人となり、戯作の道に入る。二十七歳で下駄屋の未亡人お百と結婚、武士の身分を離れ町人になる。そして、四十八歳から七十六歳まで、二十八年をかけて『南総里見八犬伝』を完成させた。完結から六年後の嘉永元年(一八四八)没。享年八十二。