佐伯泰英 略年譜
福岡県遠賀郡海老津に生まれ、生後数ヶ月で八幡市折尾(現在の北九州市八幡西区折尾)に移る。生家は新聞販売店を営む。先祖は豊後大友家の家臣だったが薩摩侵入で肥後熊本に追われた(とは母の話)。中学生の頃から貸し本屋の山手樹一郎、吉川英治、颯手達治、大佛次郎等を乱読する。また、映画は邦画各社の作品ジャンルを問わずに見まくった。
高校二年の春休み、盲腸の手術をするも手術跡が化膿し、完治に半年以上かかり、一年の休学を余儀なくされる。
日本大学芸術学部映画学科に入学。
同学卒業。映画関係のアルバイトとして社会人をスタートする。やがてテレビCM製作の撮影助手となる。
写真家を志し、半年間、海外を旅する。
スペインのバルセロナへ移住。YKKのファスナー工場で働き、その資金で闘牛の取材をはじめた。闘牛興行を追いかけ、スペイン各地を回る、妻と幼い長女を連れての旅の生活が続いた。
暮れに帰国。
以降「ノンノ」「プレイボーイ日本版」「太陽」などの雑誌でカメラマン、ノンフィクション・ライターとして活躍し始める。
スペイン時代の仕事が結実した一冊、『闘牛』(平凡社カラー新書)を刊行。
『闘牛士エル・コルドベス 一九六九年の叛乱』(集英社)でドキュメント・ファイル大賞を受賞。
最後のノンフィクション作品『狂気に生き』(新潮社)を発表。
初めての小説作品『殺戮の夏コンドルは翔ぶ』(徳間書店)を発表。以降、多数の国際謀略小説、冒険小説、ミステリ小説を発表。
「密命」シリーズ開始。
「狩り」シリーズ、「古着屋総兵衛」シリーズ開始。
「鎌倉河岸」シリーズ、「吉原裏同心」シリーズ開始。
「居眠り磐音」シリーズ、「悪松」シリーズ開始。
「小籐次」シリーズ開始。
「交代寄合」シリーズ開始。
作品総点数一五〇点突破。
「新・古着屋総兵衛」シリーズ開始。

対立が激化する綱吉と光圀。裏にはある僧の影が……。新潮文庫百年特別書き下ろし作品。
光圀―古着屋総兵衛 初傳―

ISBN:978-4-10-138034-6/整理番号:さ-73-0/発売日/2015/04/01
724円 

購入



総兵衛は稀代の絵師喜多川歌麿が極秘裏に描く禁制に触れる一枚絵を追うのだが……。
たそがれ歌麿―新・古着屋総兵衛 第九巻―

ISBN:978-4-10-138054-4/整理番号:さ-73-20/発売日:2014/12/01
724円 

購入




帰還―古着屋総兵衛影始末 第十一巻―
ISBN:978-4-10-138045-2/整理番号:さ-73-11/発売日:2011/09/01
767円 

購入



佐伯泰英 児玉清[特別対談]
佐伯泰英「新・古着屋総兵衛」シリーズ あらすじ/人物紹介
佐伯泰英「古着屋総兵衛影始末」シリーズ あらすじ/人物紹介
佐伯泰英 略年譜
大黒屋 矢来町支店~担当編集者ブログ~

佐伯泰英 ウェブサイト

ページの先頭へ戻る