ホーム > 書籍詳細:雪国

雪国

川端康成/著

396円(税込)

発売日:1947/07/18

書誌情報

読み仮名 ユキグニ
シリーズ名 新潮文庫
装幀 黒崎彰「万葉・雪の佐保(光明皇后)」第60回CWAJ現代版画展出品作品/装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-100244-6
C-CODE 0193
整理番号 か-1-1
定価 396円

身も心も愛してほしいのに、なぜ男は冷たいふりをするのよ。

新緑の山あいの温泉で、島村は駒子という美しい娘に出会う。駒子の肌は陶器のように白く、唇はなめらかで、三味線が上手だった。その年の暮れ、彼女に再び会うために、島村は汽車へと乗り込む。すると同じ車両にいた葉子という娘が気になり……。葉子と駒子の間には、あるつながりが隠されていたのだ。徹底した情景描写で日本的な「美」を結晶化させた世界的名作。ノーベル文学賞対象作品。

  • テレビ化
    ドラマ「雪国 -SNOW COUNTRY-」(2022年3月放映)

著者プロフィール

川端康成

カワバタ・ヤスナリ

(1899-1972)1899(明治32)年、大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の1918(大正7)年の秋に初めて伊豆へ旅行。以降約10年間にわたり、毎年伊豆湯ケ島に長期滞在する。菊池寛の了解を得て1921年、第六次「新思潮」を発刊。新感覚派作家として独自の文学を貫いた。1968(昭和43)年ノーベル文学賞受賞。1972年4月16日、逗子の仕事部屋で自死。著書に『伊豆の踊子』『雪国』『古都』『山の音』『眠れる美女』など多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

川端康成
登録

書籍の分類