ホーム > 書籍詳細:日本仏教史―思想史としてのアプローチ―

日本仏教史―思想史としてのアプローチ―

末木文美士/著

781円(税込)

発売日:1996/09/01

書誌情報

読み仮名 ニホンブッキョウシシソウシトシテノアプローチ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-148911-7
C-CODE 0115
整理番号 す-13-1
ジャンル 宗教
定価 781円

同じ仏教でもインドとも中国とも異なる日本の仏教は、どのような変化を遂げて成立したのだろうか。本書では6世紀中葉に伝来して以来、聖徳太子、最澄、空海、明恵、親鸞、道元、日蓮など数々の俊英、名僧によって解釈・修正が加えられ、時々の政争や時代状況を乗り越えつつ変貌していった日本仏教の本質を精緻に検証。それは我々日本人の思想の核を探る知的興奮に満ちた旅でもある。

著者プロフィール

末木文美士

スエキ・フミヒコ

1949(昭和24)年、山梨県甲府市生れ。1973年東京大学文学部印度哲学科卒。1978年東京大学大学院博士課程修了。東京大学名誉教授、国際日本文化研究センター教授。専門は仏教学、日本宗教史。著書に『日本仏教史』『日本宗教史』『仏教vs.倫理』『鎌倉仏教展開論』『仏典をよむ』『他者・死者たちの近代』『現代仏教論』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

末木文美士
登録
宗教
登録

書籍の分類