ホーム > 書籍詳細:吃音―伝えられないもどかしさ―

吃音―伝えられないもどかしさ―

近藤雄生/著

605円(税込)

発売日:2021/05/01

書誌情報

読み仮名 キツオンツタエラレナイモドカシサ
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-102761-6
C-CODE 0195
整理番号 こ-71-1
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2021/04/26

著者プロフィール

近藤雄生

コンドウ・ユウキ

1976年東京都生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院修了。2003年、自身の吃音をきっかけの一つとして、結婚直後に妻とともに日本を発つ。オーストラリア、東南アジア、中国、ユーラシア大陸で、約5年半の間、旅・定住を繰り返しながら月刊誌や週刊誌にルポルタージュなどを寄稿。2008年に帰国、以来京都市在住。著書に『遊牧夫婦』『中国でお尻を手術。遊牧夫婦、アジアを行く』『終わりなき旅の終わり さらば、遊牧夫婦』(以上、ミシマ社)、『遊牧夫婦 はじまりの日々』(角川文庫)、『旅に出よう』(岩波ジュニア新書)、『オオカミと野生のイヌ』(エクスナレッジ、本文執筆)。大谷大学/京都造形芸術大学非常勤講師、理系ライター集団「チーム・パスカル」メンバー。

YUKI KONDO WRITER (外部リンク)

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

近藤雄生
登録

書籍の分類