ホーム > 書籍詳細:眠狂四郎無頼控〔二〕

眠狂四郎無頼控〔二〕

柴田錬三郎/著

781円(税込)

発売日:1960/09/19

書誌情報

読み仮名 ネムリキョウシロウブライヒカエ02
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-115007-9
C-CODE 0193
整理番号 し-5-7
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 781円
電子書籍 価格 781円
電子書籍 配信開始日 2017/07/21

将軍家斉十三女、高姫の驕慢邪知、妖しの魔の手。公儀、御庭番を斬れ。混迷惑乱の時代を円月殺法が両断する。

江戸を出て、京・大阪に旅する狂四郎に絶え間なくふりかかってくる剣難と女難――。脂粉の香りに包まれた柔肌を欲情に燃やす将軍家斉の娘高姫。柳生流剣法を使い、執拗に狂四郎を襲う公儀直参の御庭番たち。死地に立った時の虚無感の中で鋭く冴えわたる円月殺法……。狂四郎をめぐる事件は、いよいよ凄絶と妖艶を加えるが、奇想天外の活躍で次々と解決してゆく。

  • テレビ化
    土曜プレミアム・眠狂四郎 The Final(2018年2月放映)
  • 舞台化
    眠狂四郎無頼控(NEMURI×GACKT PROJECT)(2010年5月公演)
目次
海の亡霊
贋囚人
美女崩れ
笑う狂女
刺青往生
運命図絵
切支丹坂
賭場女房
狂四郎哄笑
槍と驕姫
京の雨
地獄の夜
阿弥陀ヶ峰
金髪船
皇后悪夢像
白刃湯
贋金六千両
女心抒情
海賊村
暴風雨

著者プロフィール

柴田錬三郎

シバタ・レンザブロウ

(1917-1978)岡山県生れ。慶應義塾大学支那文学科卒業。在学中より「三田文学」に現代ものの短編を発表。戦後、「書評」の編集長を経て、創作に専念。1951(昭和26)年、『イエスの裔』で直木賞を受賞。以後、時代小説を中心に創作し、1956年より「週刊新潮」連載開始の『眠狂四郎無頼控』は、一大ブームとなった。狂四郎シリーズ以外の主な作品に『剣は知っていた』『赤い影法師』『運命峠』『御家人斬九郎』『剣鬼』『決闘者 宮本武蔵』等がある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

柴田錬三郎
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類