ホーム > 書籍詳細:玄鳥さりて

玄鳥さりて

葉室麟/著

693円(税込)

発売日:2021/10/01

書誌情報

読み仮名 ゲンチョウサリテ
装幀 大竹彩奈/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-127375-4
C-CODE 0193
整理番号 は-57-4
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2021/09/29

闘うよう仕組まれた相手は恩人だった。真に大切なものは何なのか問う葉室文学の到達点。

富商の娘を娶り、藩の有力派閥の後継者として出世を遂げる三浦圭吾。その陰には、遠島になってまで彼を守ろうとした剣客・樋口六郎兵衛の献身と犠牲があった。十年後、島から戻った六郎兵衛。だが、二人は敵同士として剣を交えざるを得なくなる……。派閥争いに巻き込まれ、運命に翻弄されていく男たち。彼らは、何を守るために刀を振るうのか。真に大切なものを問う、葉室文学の円熟作。

著者プロフィール

葉室麟

ハムロ・リン

(1951-2017)北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て2005 (平成17)年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を、2012年『蜩ノ記』で直木賞を、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で司馬遼太郎賞を受賞。「地方の視点から歴史を描く」を信条に、精力的に作品を執筆した。『いのちなりけり』『秋月記』『橘花抄』『春風伝』『玄鳥さりて』など作品多数。『蜩ノ記』『散り椿』は映画化された。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

葉室麟
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類