ホーム > 書籍詳細:白川静さんに学ぶ 漢字は怖い

白川静さんに学ぶ 漢字は怖い

小山鉄郎/著

693円(税込)

発売日:2012/02/01

書誌情報

読み仮名 シラカワシズカサンニマナブカンジハコワイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-129892-4
C-CODE 0122
整理番号 こ-47-2
ジャンル 言語学
定価 693円

「遊」は神様みたいに動くこと。「笑」は絶頂状態の巫女!? 「白」は髑髏のかたち……。漢字に隠された怖い、怖い物語。

「白」は髑髏のかたち、「笑」はエクスタシー状態の巫女が神を喜ばせるために踊る様──。広大な漢字の海と対峙し、独自の文字学体系を築いた白川静さん。その理論を基に、「白」「遊」「笑」「狂」「女」など私たちが日常よく目にする漢字に潜む、「怖い」意味をわかりやすく解説します。古代文字やイラストも満載。あなたの漢字の常識が覆ります。好評シリーズ第二弾。

目次
はじめに
【王】をめぐる漢字
【カン】をめぐる漢字
【而】をめぐる漢字
【微】をめぐる漢字
【由】をめぐる漢字
【主】をめぐる漢字
【夭】をめぐる漢字
【女】をめぐる漢字
【帚】をめぐる漢字
【力】をめぐる漢字
【委】をめぐる漢字
【方】をめぐる漢字
【白】をめぐる漢字
【非】をめぐる漢字
【甬】をめぐる漢字
【辰】をめぐる漢字
【古】と【吾】をめぐる漢字
【咸】をめぐる漢字
【酒】をめぐる漢字
【鬱】をめぐる漢字
【遊】をめぐる漢字
あとがき
解説 宮田まゆみ

著者プロフィール

小山鉄郎

コヤマ・テツロウ

1949(昭和24)年群馬県生れ。一橋大学卒。1973年共同通信社入社。川崎、横浜支局、社会部を経て、1984年から文化部で文芸欄、生活欄を担当。現在、同社編集委員兼論説委員。著書に『白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい』『白川静さんと遊ぶ 漢字百熟語』『村上春樹を読みつくす』『文学者追跡』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小山鉄郎
登録
言語学
登録

書籍の分類