ホーム > 書籍詳細:幻影の手術室―天久鷹央の事件カルテ―

幻影の手術室―天久鷹央の事件カルテ―

知念実希人/著

693円(税込)

発売日:2016/09/01

書誌情報

読み仮名 ゲンエイノシュジュツシツアメクタカオノジケンカルテ 
シリーズ名 新潮文庫nex
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180076-9
C-CODE 0193
整理番号 ち-7-32
ジャンル キャラクター文芸、コミックス
定価 693円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2017/02/24

手術室での不可能犯罪。なぜ麻酔医は死んだのか。

手術後のオペ室で起きた医師死亡事件。記録用のビデオに録画されていたのは、一人の麻酔医が「見えない誰か」と必死に格闘し、その末に絶命する場面だった。手術室は密室。容疑者は全身麻酔で身動きのとれない患者のみ。西東京市・清和総合病院で起きた不可能犯罪に対し、天才女医・天久鷹央(あめくたかお)は独自の捜査に乗り出すが……。事件に隠された“病”を解き明かす、本格医療ミステリ。

目次
プロローグ
第一章 透明人間の密室
第二章 手術部に蠢く影
第三章 シリンジのダイイングメッセージ
エピローグ

どういう本?

一行に出会う

……あれは「ダイイングメッセージ」だ(本書306ぺージ)

著者プロフィール

知念実希人

チネン・ミキト

1978(昭和53)年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒業。2004(平成16)年から医師として勤務。2011年、「レゾン・デートル」で島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。2018年、『崩れる脳を抱きしめて』で広島本大賞、沖縄書店大賞を受賞。同作で本屋大賞にノミネートされる。他の著書に「天久鷹央」シリーズ、『螺旋の手術室』『ひとつむぎの手』『仮面病棟』『時限病棟』『ムゲンのi』『優しい死神の飼い方』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

知念実希人
登録
キャラクター文芸
登録

書籍の分類