ホーム > 書籍詳細:百年の孤独

百年の孤独

ガブリエル・ガルシア=マルケス/著 、鼓直/訳

1,375円(税込)

発売日:2024/06/26

  • 文庫

蜃気楼の村を開墾しながら孤独に生きる一族。目も眩むその宿命を描いた百年の物語。

蜃気楼の村マコンドを開墾しながら、愛なき世界を生きる孤独な一族、その百年の物語。錬金術に魅了される家長。いとこでもある妻とその子供たち。そしてどこからか到来する文明の印……。目も眩むような不思議な出来事が延々と続くが、予言者が羊皮紙に書き残した謎が解読された時、一族の波乱に満ちた歴史は劇的な最後を迎えるのだった。世界的ベストセラーとなった20世紀文学屈指の傑作。

目次
百年の孤独
注解
訳者あとがき
改訳新装版のための訳者あとがき
解説 筒井康隆

書誌情報

読み仮名 ヒャクネンノコドク
シリーズ名 新潮文庫
装幀 三宅瑠人/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
頁数 672ページ
ISBN 978-4-10-205212-9
C-CODE 0197
整理番号 カ-24-2
ジャンル 文芸作品
定価 1,375円

関連コンテンツ

著者プロフィール

(1927-2014)コロンビア、アラカタカ生まれ。ボゴタ大学法学部を中退し、新聞記者となって欧州各地を転々とした後、1955年に処女作『落葉』を発表。1967年『百年の孤独』によって一躍世界が注目する作家となった。『族長の秋』『予告された殺人の記録』『コレラの時代の愛』『迷宮の将軍』など次々と歴史的傑作を刊行し、1982年にはノーベル文学賞を受賞した。

鼓直

ツヅミ・タダシ

(1930-2019)旧朝鮮生れ。東京外事専門学校卒業。神戸市外大、神奈川大などでスペイン語を講じながらボルヘス、アストゥリアス、カルペンティエール、コルタサル、ドノソ、ガルシア=マルケスなどの主要作品を翻訳し、ラテンアメリカ文学ブームを牽引した。法政大学教授や日本スペイン協会理事長を歴任。瑞宝中綬章、スペイン民功騎士十字章を受章。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ガブリエル・ガルシア=マルケス
登録
鼓直
登録
文芸作品
登録

書籍の分類