ホーム > 書籍詳細:国道16号線―「日本」を創った道―

国道16号線―「日本」を創った道―

柳瀬博一/著

1,595円(税込)

発売日:2020/11/17

書誌情報

読み仮名 コクドウジュウロクゴウセンニホンヲツクッタミチ
装幀 北澤平祐/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 230ページ
ISBN 978-4-10-353771-7
C-CODE 0025
定価 1,595円
電子書籍 価格 1,595円
電子書籍 配信開始日 2020/11/17

首都圏をぐるり、330キロのこの道は、日本史上常に重要な地域であり続けた!

旧石器時代から人が住み、武士集団が駆け、頼朝と家康を呼び寄せた。近代に入ると絹と軍艦で経済を支え、ユーミンはじめ新しい歌がここから生まれた――横須賀、横浜、町田、八王子、川越、柏、木更津、と該当エリアには1000万人が住み、全国一混雑する道でもある。「道」と「地形」で読み解く、なるほど! 痛快文明論。

目次
はじめに
第1章 なにしろ日本最強の郊外道路
リゾートホテルと米軍とショッピングモールが同居する
1100万人が住む最強の「郊外」
生糸が殖産興業を、軍港が富国強兵を
東京に出入りする全ての高速道路と国道をつなぐ
地価高騰がクレヨンしんちゃん一家を呼び寄せた
郊外百貨店の早すぎた栄枯盛衰
テレビドラマが描いた16号線の街
バブル崩壊がもたらしたモータリゼーション
ディスカウントとショッピングモールの時代
水族館、動物園、遊園地はこの道に
少子高齢化がもたらすゴーストタウンと16号線の末路
第2章 16号線は地形である
クレイジーケンバンドと横須賀のトンネルの秘密
半島、台地、丘陵、川、海、そして小流域
大学と城と貝塚と石器が同じ場所で見つかる
小網代の森で妄想する縄文時代の16号線ライフ
ナウマンゾウが闊歩する道に旧石器人が住み着いた
貝塚と大学の数が日本一多い
湿原と台地が古代の高級住宅街を生んだ
船と馬と飛行機の基地となる
プレートテクトニクスと氷期が地形の創造主
ミヤマクワガタとチバニアン
第3章 戦後日本音楽のゆりかご
矢沢永吉とユーミン、ルート16を歌う
軍とシルクと港が音楽を生む
第1世代 ジャズもカントリーも進駐軍クラブに育てられた
16号線から創業した芸能プロダクション
進駐軍撤退とベトナム戦争が起こした変化
第2世代 米軍ハウスが最強のスタジオになる
ユーミンが16号線と六本木を音楽で結んだ
公害が郊外の歌を生んだ
第4章 消された16号線――日本史の教科書と家康の「罠」
『翔んで埼玉』が描くダサイタマと江戸中心主義の幻想
「江戸は寒村」は家康のついた「ウソ」?
太田道灌が拓いた豊かな水の都
東京が「中心」となったのは江戸時代から
16号線の関東武士が頼朝の鎌倉幕府を支える
馬と水運と鎌倉街道
日本史の教科書に描かれない関東の歴史
第5章 カイコとモスラと皇后と16号線
皇后が引き継ぐ宮中養蚕ようさんの伝統
モスラが伝える日本の近代と蚕の関係
八王子と横浜を結ぶシルクロードと鑓水商人
富岡製糸場と水運と鉄道が拓いた明治日本
天皇家の蚕と渋沢栄一
『用心棒』のピストルは生糸と交換?
多摩の自由民権運動と16号線
モスラの繭と皇后の繭が似ている理由
第6章 未来の子供とポケモンが育つ道
定年ゴジラが踏み潰す老いたニュータウン
実は子供たちが増えている!
ポケモンを生んだ町田のカブトムシとインベーダー
コロナウイルスとバイオフィリアが16号線を再発見させる
あなたの街の16号線を見つけよう
あとがき
16号線をもっと知るためのリスト

著者プロフィール

柳瀬博一

ヤナセ・ヒロイチ

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授(メディア論)。1964年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、日経マグロウヒル社(現・日経BP社)に入社し「日経ビジネス」記者を経て単行本の編集に従事。『小倉昌男 経営学』『日本美術応援団』『社長失格』『アー・ユー・ハッピー?』『流行人類学クロニクル』『養老孟司のデジタル昆虫図鑑』などを担当。「日経ビジネ スオンライン」立ち上げに参画、のちに同企画プロデューサー。TBSラジオ、ラジオNIKKEI、渋谷のラジオでパーソナリティとしても活動。2018年3月、日経BP社を退社、同4月より現職に。著書に『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』(小林弘人と共著、晶文社)、『「奇跡の自然」の守りかた』(岸由二と共著、ちくまプリマー新書)、『混ぜる教育』(崎谷実穂と共著、日経BP社)。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

柳瀬博一
登録

書籍の分類