ホーム > 書籍詳細:勝っても負けても―41歳からの哲学―

勝っても負けても―41歳からの哲学―

池田晶子/著

1,320円(税込)

発売日:2005/08/26

書誌情報

読み仮名 カッテモマケテモヨンジュウイチサイカラノテツガク
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 175ページ
ISBN 978-4-10-400107-1
C-CODE 0010
ジャンル エッセー・随筆、哲学・思想、ノンフィクション
定価 1,320円

人生、人と比べたってしょうがない。幸福はそんな所にはないのだから――。

「明日のことは、誰にもわからない」「この世で人が死ななかった日は、一日もない」「ゴミ問題、我々自身がゴミである」「“勝ち組”“負け組”、そんなことはどうでもいい」などなど。自分がここにいることの不思議、生きることの意味を問い直す、大人のための“幸福論的哲学エッセイ”。週刊新潮人気連載「人間自身」の単行本化、第二弾!

著者プロフィール

池田晶子

イケダ・アキコ

(1960-2007)1960年東京生まれ。文筆家。慶応大学文学部哲学科卒業。専門用語を使わず、哲学するとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立した。2007年2月23日、死去。著書『知ることより考えること』『勝っても負けても―41歳からの哲学―』『41歳からの哲学』『2001年哲学の旅』『死と生きる―獄中哲学対話―』(以上、すべて新潮社)、『14歳の君へ』(毎日新聞社)、『14歳からの哲学』『人生のほんとう』(以上、トランスビュー)、『新・考えるヒント』(講談社)など。

(池田晶子記念)わたくし、つまり Nobody賞 (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

池田晶子
登録
エッセー・随筆
登録
哲学・思想
登録

書籍の分類