ホーム > 書籍詳細:マインドハッキング―あなたの感情を支配し行動を操るソーシャルメディア―

マインドハッキング―あなたの感情を支配し行動を操るソーシャルメディア―

クリストファー・ワイリー/著 、牧野洋/訳

2,310円(税込)

発売日:2020/09/18

書誌情報

読み仮名 マインドハッキングアナタノカンジョウヲシハイシコウドウヲアヤツルソーシャルメディア
装幀 Gabby Laurent/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 406ページ
ISBN 978-4-10-507191-2
C-CODE 0030
定価 2,310円
電子書籍 価格 2,310円
電子書籍 配信開始日 2020/09/18

「トランプ大統領誕生」と「ブレグジット」の裏にはこの男がいた!

ネット上の行動履歴から利用者の特性を把握し、カスタマイズした情報を流すことで行動に影響を及ぼす「マイクロターゲティング」。フェイスブックから膨大な個人情報を盗みこれを利用したのがケンブリッジ・アナリティカなる組織だ。彼らは何のために国家の分断を煽り、選挙結果を操ったのか。元社員による衝撃の告発。

目次
第1章 事の始まり GENESIS
第2章 失敗の教訓 LESSONS IN FAILURE
第3章 プラダでテロと戦う WE FIGHT TERROR IN PRADA
第4章 アメリカからやって来たスティーブ STEVE FROM AMERICA
第5章 ケンブリッジ・アナリティカ CAMBRIDGE ANALYTICA
第6章 トロイの木馬 TROJAN HORSES
第7章 暗黒の3大特性 THE DARK TRIAD
第8章 ロシアより「いいね!」を込めて FROM RUSSIA WITH LIKES
第9章 民主主義に対する犯罪 CRIMES AGAINST DEMOCRACY
第10章 アプレンティス THE APPRENTICE
第11章 カミングアウト COMING OUT
第12章 暴露 REVELATIONS
エピローグ
謝辞
訳者あとがき

著者プロフィール

ケンブリッジ・アナリティカ(CA)とフェイスブックによるデータの悪用を暴露したことで、「ミレニアル世代最初の内部告発者」「未来から送られたピンク髪で鼻ピアスの神託」と称される。暴露はシリコンバレーを揺るがし、データ犯罪に対する史上最大の多国籍調査につながった。CAは解散。ワイリーはCAの設立と崩壊に関与することになった。1989年にカナダのブリティッシュコロンビア州に生まれ、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで法律を学ぶ。その後、文化をテーマにしたデータサイエンスとファッショントレンドの予測に研究を移す。2020年9月現在はロンドン在住。Twitter:@chrisinsilico/Facebook:BANNED/Instagram:BANNED

牧野洋

マキノ・ヨウ

ジャーナリスト兼翻訳家。慶應義塾大学経済学部卒、米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール修士。日本経済新聞社でニューヨーク特派員や編集委員を歴任し2007年に独立。早稲田大学大学院ジャーナリズムスクール非常勤講師。著書に『福岡はすごい』(イースト新書)、『官報複合体』(講談社)、訳書に『NETFLIX コンテンツ帝国の野望』(ジーナ・キーティング著、新潮社)など。

牧野洋の公式ウェブサイト (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

クリストファー・ワイリー
登録
牧野洋
登録

書籍の分類

  • 発行形態:書籍
  • 著者名:
  • 著者名:W