ホーム > 書籍詳細:ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み

ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み

山崎章郎/著

1,485円(税込)

発売日:2022/06/23

書誌情報

読み仮名  
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 192ページ
ISBN 978-4-10-603883-9
C-CODE 0347
ジャンル 暮らし・健康・料理
定価 1,485円

がんになった医師が、自ら実験台となり標準治療以外の方法を探した。抗がん剤の辛い副作用を避けて、穏やかに生きたい人への新提案。

著者プロフィール

山崎章郎

ヤマザキ・フミオ

在宅緩和ケア充実診療所ケアタウン小平クリニック院長。1947年、福島県郡山市出身、1975年千葉大学医学部卒業、同大学病院第一外科、国保八日市場(現・匝瑳)市民病院消化器科医長を経て、1991年聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長。1997年より聖ヨハネホスピスケア研究所所長を兼任。2005年在宅診療専門診療所(現・在宅緩和ケア充実診療所)ケアタウン小平クリニックを開設し、訪問診療に従事している。日本ホスピス緩和ケア協会理事。日本死の臨床研究会世話人代表、NPO法人コミュニティケアリンク東京・理事長。著書に『病院で死ぬということ』(主婦の友社、文春文庫)、『続・病院で死ぬということ』(同)、『家で死ぬということ』(海竜社)、『市民ホスピスへの道』(共著、春秋社)など。

ケアタウン小平クリニック

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山崎章郎
登録

書籍の分類