ホーム > 書籍詳細:教養としての上級語彙2―日本語を豊かにするための270語―

教養としての上級語彙2―日本語を豊かにするための270語―

宮崎哲弥/著

1,815円(税込)

発売日:2024/08/21

  • 書籍
  • 電子書籍あり

会話や文章のレベルをアップさせる「武器になる言葉」が満載!

「暗暗裏」「将来する」「櫛比」「揣摩臆測」……メディアで大活躍の評論家が、表現力と思考力を高める言葉を厳選。言語の「幼児化」が敗戦後の国語改革に起因することを明らかにし、「漢字制限」と「ルビ規制」という二重の拘束から日本語を解き放つことを提言する。洗練された言葉使いが身につくスーパー語彙本、第2弾。

書誌情報

読み仮名 キョウヨウトシテノジョウキュウゴイ2ニホンゴヲユタカニスルタメノニヒャクナナジュウゴ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 256ページ
ISBN 978-4-10-603914-0
C-CODE 0381
ジャンル 日本語
定価 1,815円
電子書籍 価格 1,815円
電子書籍 配信開始日 2024/08/21

著者プロフィール

宮崎哲弥

ミヤザキ・テツヤ

1962年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒業。テレビ、ラジオ、雑誌などで、政治哲学、生命倫理、仏教論、サブカルチャー分析を主軸とした評論活動を行う。著書に『いまこそ「小松左京」を読み直す』(NHK出版新書)、『仏教論争―「縁起」から本質を問う』(ちくま新書)、『ごまかさない仏教―仏・法・僧から問い直す』(新潮選書、佐々木閑氏との共著)、『知的唯仏論』(新潮文庫、呉智英氏との共著)など多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮崎哲弥
登録
日本語
登録

書籍の分類