ホーム > 書籍詳細:幕末バトル・ロワイヤル 井伊直弼の首

幕末を解く鍵は「攘夷という公約の無視」。実行できない政策を空約束するのは、政権の命取りになる。

幕末バトル・ロワイヤル 井伊直弼の首

野口武彦/著

792円(税込)

本の仕様

発売日:2008/02/18

読み仮名 バクマツバトルロワイヤルイイナオスケノクビ
シリーズ名 新潮新書
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 新書、電子書籍
判型 新潮新書
頁数 252ページ
ISBN 978-4-10-610252-3
C-CODE 0221
整理番号 252
ジャンル 日本史
定価 792円
電子書籍 価格 660円
電子書籍 配信開始日 2011/11/28

黒船到来という外患が内憂に転じ、動乱期が始まった――。激動期には、誰が政治権力を握るかが決定的な重要を帯びる。本書で扱う安政期のキーパーソンは、部屋住みの庶子から幕府権力の絶頂、大老にまで駆け上がった井伊掃部頭直弼だ。条約勅許、将軍継嗣問題、地震、インフレ、コレラなど難問が山積する中、京都朝廷の意向を無視して調印を強行し、反対派を弾圧することで自ら墓穴を掘ることになる……。

著者プロフィール

野口武彦 ノグチ・タケヒコ

1937(昭和12)年東京生まれ。文芸評論家。早稲田大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を退官後、著述に専念する。日本文学・日本思想史専攻。著書に『大江戸曲者列伝』『幕末バトル・ロワイヤル』『幕末気分』『幕府歩兵隊』など。

目次

第一部 安政内憂録
その一 下田開港
その二 便利屋役人
その三 ひるがえる日の丸
その四 伊豆の大津波
その五 海上の遊牧民
その六 爆発事故
その七 お台場崩壊
その八 水戸と彦根
その九 日本橋と深川
その十 江戸大風水害
その十一 講武所始まる
その十二 お茶坊主
その十三 井伊の赤鬼
その十四 ストレスに死す
その十五 英邁公子
その十六 米国領事は見た
その十七 幕末親米派
その十八 日米交渉
その十九 堀田の大汗
その二十 攘夷利権
その二十一 条約調印
その二十二 押し掛け登城
その二十三 戊午の密勅
第二部 安政血風録
その一 安政の大獄
その二 暗黒裁判
その三 安政コロリ
その四 薩海入水
その五 至誠人を動かす
その六 死地の思想
その七 小塚原の首
その八 金貨大流出
その九 天狗の羽ばたき
その十 桜田門外の変
その十一 あいまい解決
その十二 富士女人解禁
その十三 斉昭の死
その十四 万延遣米使節団
その十五 外国奉行憤死
その十六 ヒュースケン暗殺
その十七 万延小判
その十八 五品江戸廻送令
その十九 江戸城御金蔵破り
その二十 三人吉三
あとがき  年表

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

野口武彦
登録する
日本史
登録する

書籍の分類

この分類の本

幕末バトル・ロワイヤル 井伊直弼の首

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!