ホーム > 書籍詳細:司馬遼太郎が語る 第四集 文章日本語の成立

司馬遼太郎が語る 第四集 文章日本語の成立

司馬遼太郎/講演

2,200円(税込)

発売日:2005/09/26

書誌情報

読み仮名 シバリョウタロウガカタル04ブンショウニホンゴノセイリツ
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [1CD]57分
ISBN 978-4-10-830171-9
ジャンル 文学賞受賞作家
価格 2,200円

われわれが日常使う日本語の文章は、どのような経緯でいつごろ成立したのか。漢文読み下し調から脱却し、夏目漱石や正岡子規などの手を経て、現在の文体を確立するまで。──明治維新後の言葉の変遷をたどりながら、文章日本語の成り立ちを語る。(1982年NHKホールにて収録)

関連コンテンツ

著者プロフィール

司馬遼太郎

シバ・リョウタロウ

(1923-1996)大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。1993(平成5)年には文化勲章を受章。“司馬史観”とよばれる自在で明晰な歴史の見方が絶大な信頼をあつめるなか、1971年開始の『街道をゆく』などの連載半ばにして急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

司馬遼太郎
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類