ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2007年12月20日号

「胡錦濤皇帝」に拝謁を賜った「卑屈な小沢一郎」

週刊新潮 2007年12月20日号

(木曜日発売)

336円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2007/12/13

発売日 2007/12/13
JANコード 4910203131271
定価 336円(税込)

「胡錦濤皇帝」に拝謁を賜った「卑屈な小沢一郎」
「朝貢外交だ」「見るに耐えない」「お粗末すぎて恥ずかしい」
震え声で感激した代表に、党内からも批判が噴出した!

雅子さま「主治医説明」を阻む「プライバシーの壁」
「着実に快方に」の発表はどこまで本当なのか。
歌会始の歌も、天皇家「正月撮影」の日程もまだ……

技術大国・日本は「中国の下請け」になる
 日本ルネッサンス「拡大版」  櫻井よしこ

「虐殺はなかった!」兵士9人が見た「南京陥落」

【ワイド】あかんべえ
(1)小泉チルドレンを「煮ても焼いても」と切り捨てた「冷酷な小泉」
(2)役者失格「明石家さんま」は長澤まさみと「悪口合戦中」
(3)大魔神「長女の家出」は榎本加奈子の「育児放棄」が原因だった
(4)自民「後藤田議員」共産党系集会で「貧困党の党首にしてほしい」
(5)「卑劣な韓国戦術」謝罪をめぐる星野ジャパン「場外延長戦」
(6)「倉木麻衣パパ」バッシングのせいで?「創価学会」入信
(7)「民主党への提供」を疑われたTBS「守屋取材テープ」騒動
(8)反日映画「靖国」は「日本の助成金」750万円で作られた
(9)「ハンカチ王子」右肩違和感は「甲子園のツケ」が回ったのか
(10)「妻の芝居」に動員をかけた「家族会」増元事務局長
(11)折りも折り「アーミテージ」と「加藤駐米大使」の怪しい関係
(12)「国策捜査」だから「守屋次女」まで在宅起訴ってホント?
(13)6900万「横領事件」の日本基督教団に「カルト化の危機」

王理恵さん「3度目の結婚」のお相手が「包茎精神科医」で大丈夫?

「細川たかし」「藤あや子」落選「伍代夏子」「美川憲一」出場
「円天歌手」紅白の明暗はここで分かれた

【特別手記】「留置場わいせつ」被害女性の告発「警察官の共犯者がいた!」

■■■ 小 説 ■■■
【新連載】誘惑/北原亞以子
さよなら渓谷/吉田修一
螻蛄(けら)/黒川博行

黒い報告書/井口民樹

▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵万智)
▼掲示板 ▼TV視聴室
▼結婚 ▼墓碑銘
▼囲碁・将棋(解答)

■■■ テンポ ■■■
▼ロビー/ビジネス/インシデント/オーバーシーズ/エンターテインメント
▼アーツ/マイオンリー/ガイド/スクリーン/ブックス/テレビジョン/スポーツ/タウン

■■■ コラム ■■■
マイ・フレーズ My Phrase/都倉俊一
健康【狂】時代/中原英臣
TV無法地帯/丸山タケシ
幕末バトル・ロワイヤル/野口武彦
B級重大ニュース
あとの祭り/渡辺淳一
私の週間食卓日記/藤田紘一郎
福田和也の闘う時評/福田和也
おれのゴルフ/青木 功
石原良純の楽屋の窓/石原良純
見ずにすませるワイドショー/林 操
秘密の花園/山田美保子
トホホな朝 ウフフの夜/斎藤由香
変見自在/高山正之

■■■ グラビア ■■■
・とっておき私の奈良 ・おちょクリック!
・名産品事始 ・部屋の記憶 ・黒鉄漫画研究所(黒鉄ヒロシ)

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。