ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2018年8月16・23日夏季特大号

受験日直前に「ホテルに缶詰」! 現役教員が事前にレク!
爆笑問題「太田光」を日大に裏口入学させた父の溺愛

週刊新潮 2018年8月16・23日夏季特大号

(木曜日発売)

特別定価440円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2018/08/08

発売日 2018/08/08
JANコード 4910203140884
価格 特別定価440円(税込)

「あの方はあり得ない…」のご真意
破談を決めた「美智子さま」発言秘録

受験日直前に「ホテルに缶詰」! 現役教員が事前にレク!
爆笑問題「太田光」を日大に裏口入学させた父の溺愛

【独占手記】日本ボクシング連盟会長 山根 明
韓国から密航、息子と極貧の車上生活…
大悪人にされた私の「血と骨」全て明かす!

スカウトの目が血走る!
第100回「夏の甲子園」怪物たちにつく値札

【特別読物】
歴史的発見!? 「東條英機メモ」が語る「昭和天皇」戦争責任の存否
ノンフィクション作家 保阪正康
【ワイド】真夏の夜の夢
(1)「西城秀樹」のプロポーズを2度断った「深窓の令嬢」
(2)「前田敦子」と結婚「勝地涼」実父の背中にくりから紋々
(3)ベルリン・フィルの世界的指揮者を激怒させた人事の裏に「安倍昭恵」
(4)スタッフが大量退社でも臭いものに蓋した「うんこ漢字ドリル」社長
(5)「愛子さま」イートン校のディスコタイムで踊るお相手
(6)「手縛っていい?」で再就職の手を縛られた「福田財務次官」の転身先
(7)お墓は建てたけど墓穴は掘らない「紀州のドン・ファン」幼な妻の新盆
(8)次女「Koki,」を熱烈アピールした「工藤静香」コンサートの実況中継
(9)「安倍官邸」が気を揉む「小泉進次郎」うつろな胸算用
(10)「麻原彰晃」妻と三女が呉越同舟となった「お通夜」の光景
(11)ファンが待ち望んでいる「本田圭佑」東京五輪挑戦の「有言不実行」
(12)「つちやかおり」愛人板前より「ふっくん」と元鞘の真贋
(13)先輩のやっかみに詰まされそう「藤井聡太」の銀が泣いている
(14)学歴詐称には頬被りでも「小池百合子」は今日も出ずっぱり
(15)「有働由美子」がTBSを袖にして「雨宮塔子」の短くなるスカート
(16)「御嶽海」の妖艶ママが里山で開くフィリピンパブに行ってみた
(17)人気ブロガー「はあちゅう」がAV男優と結婚した深いワケ
(18)五輪マラソンの酷暑対策に「野口みずき」の金言
(19)「新潟女児殺害」の教訓! 「性犯罪者をGPS監視」は今すぐやれ
(20)「イケメン旦那」がのろけて喋った「浅野ゆう子」料理のレパートリー
(21)「阿波踊り」中止市長の手の平で踊った阿呆は「後藤田正純」
(22)「青瓦台」でも上映会! 韓国政府が煽る「慰安婦映画」を見てみたら
(23)「愛人にしたい女No.1」なのに処女役「橋本マナミ」女の一生
(24)辞任から1年「稲田朋美」が語る「スキャンダル防衛隊」設立趣意
(25)「安室奈美恵」ラストライブでどうなるあの男との関係
(26)怪しい仮想通貨を煽る「GACKT」売り口上は一流か
(27)「SNSだけでは不満足」という「乙武クン」の参院選
(28)パワハラコーチ出現で「水球女子日本代表」水難の証拠映像
(29)支援企業が呆れる「大塚家具」かぐや姫の5つの無理難題
(30)日大「井上コーチ」実家のバウムクーヘンがもう食えへん?
(31)卓球「張本智和」を文武両道にした家庭教師との壮絶ラリー
(32)「三浦翔平」と結婚成就でも「桐谷美玲」新たなる不安
1日2370円で乗り放題! 夏こそ大人の「青春18きっぷ」旅行術

罹患者500万人に福音! アルツハイマーを超音波で治す!

危ない実名リスト! 第2弾
「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード」
▼ラットで「がん発生」の「酸化防止剤」入り11商品
▼「豪州」「カナダ」で食品には許可されない有害物質
▼猫の赤血球を減少させる添加物が犬にはOKの怪
▼EUで使用制限の「保湿剤」が日本では野放し!
▼〈猛暑緊急企画〉ペットを「熱中症」から守る7つの方策
読む 見る 聴く【夏休みお薦めガイド】
BOOK Selection 私が選んだ「ベスト5
 川本三郎/中江有里/大森 望/縄田一男
プレゼント付き BD/DVD Selection
Summer Vacation Guide
選りすぐり CINEMA
 白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター/坂上みき
テレビジョン 夏休み番組スペシャル
■■■ コラム ■■■
【長期不定期連載(8)】
豚は太るか死ぬしかない/矢作俊彦
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん蜜味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
冒険ゴルフ/倉本昌弘
科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
誰の味方でもありません/古市憲寿
寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
この素晴らしき世界/東野幸治
大家さんと僕/矢部太郎
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
私の週間食卓日記/映美くらら
管見妄語/藤原正彦
週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子
■■■ テンポ ■■■
グルメ/日本各地の食材をふんだんに“仏”+“北欧”「スブリム」
マイオンリー渡部陽一「激辛料理」
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼文殊のストレッチ
▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼掲示板 ▼結婚 ▼墓碑銘

■■■ 小 説 ■■■
染着/貴志祐介
欺す衆生/月村了衛

黒い報告書/花房観音
■■■ グラビア ■■■
・世界を食す大使の食卓【新連載】
・野生動物こっけい生態図鑑
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ

この号の中吊り

最新号PICK UP

「あの方はあり得ない…」のご真意
破談を決めた「美智子さま」発言秘録

秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と小室圭さん(26)との結婚が「再来年に延期」と発表されたのは2月6日。以来半年、小室さんは米国留学という「奇策」に打って出た。が、“ご破算”を望む皇室にあって、ひたすら心を砕かれてきた皇后さまは「秘策」を口にされているという。

受験日直前に「ホテルに缶詰」! 現役教員が事前にレク!
爆笑問題「太田光」を日大に裏口入学させた父の溺愛

結成30年の『爆笑問題』はお笑いの第一線で長らく活躍してきた。ボケたりイジったりの太田光が相方と出会ったのは日大芸術学部だが、太田はそこへ裏口入学していた。受験日直前にホテルに缶詰で、現役教員のレクを受け……ほとんどは父の溺愛によるものである。

独占手記 日本ボクシング連盟会長 山根 明
韓国から密航、息子と極貧の車上生活…

大悪人にされた私の「血と骨」全て明かす!

その強烈なキャラクターで世上を大いにザワつかせている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)。彼はどこで生まれ、如何なる人生を歩んだ後に連盟に関わるようになったのか。これまで謎に包まれてきたその「空白期間」について、初めて本人が明かす独占手記。

スカウトの目が血走る!
第100回「夏の甲子園」怪物たちにつく値札

甲子園を沸かせたヒーローによる始球式が、大きな節目の大会に彩りを添えている。球児たちの熱戦に一喜一憂する観客をよそに、冷静な眼差しを向けるのはプロ球団のスカウト。レジェンドに肩を並べる可能性を秘めた、注目のドラフト候補の横顔を紹介していこう。

危ない実名リスト! 第2弾
「愛猫」「愛犬」が食べてはいけない「ペットフード」

長らく続く犬猫ブームで、ペット業界は、右肩上がり。ペットフードだけとっても年間2800億円規模に成長しているという。が、これだけ膨らめば、中身が玉石混交となるのは当たり前。前号に引き続き、ペットフードの裏側を覗くと、様々なリスクが透けて見え……。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。