ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:ジェイ・ルービン

ジェイ・ルービン

Rubin,Jay

著者プロフィール

1941年ワシントンD.C.生まれ。ハーバード大学名誉教授、翻訳家。シカゴ大学で博士課程修了ののち、ワシントン大学教授、ハーバード大学教授を歴任。芥川龍之介、夏目漱石など日本を代表する作品の翻訳多数。特に村上春樹作品の翻訳家として世界的に知られる。著書に、“Injurious to Public Morals:Writers and the Meiji State” (『風俗壊乱:明治国家と文芸の検閲』世織書房)、“Haruki Murakami and the Music of Words”(『ハルキ・ムラカミと言葉の音楽』新潮社)、編著『芥川龍之介短篇集』(新潮社)がある。英訳書に、夏目漱石『三四郎』『坑夫』、村上春樹『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『神の子どもたちはみな踊る』『アフターダーク』『1Q84』など。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

ジェイ・ルービン
登録する

書籍一覧