ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:二宮敦人

二宮敦人

ニノミヤ・アツト

著者プロフィール

1985(昭和60)年東京都生れ。一橋大学経済学部卒業。2009(平成21)年に『!』(アルファポリス)でデビュー。ユニークな着眼と発想、周到な取材に支えられた数々の小説を世に送り出し人気を博す。『郵便配達人 花木瞳子が顧り見る』、『占い処・陽仙堂の統計科学』、『一番線に謎が到着します』、『廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門』『最後の医者は桜を見上げて君を想う』など著書多数。『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』が初めてのノンフィクション作品となる。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

二宮敦人
登録する

書籍一覧