ホーム > 書籍詳細:ダーク・マテリアルズI 黄金の羅針盤〔上〕

ダーク・マテリアルズI 黄金の羅針盤〔上〕

フィリップ・プルマン/著 、大久保寛/訳

781円(税込)

発売日:2021/05/01

書誌情報

読み仮名 ダークマテリアルズ01オウゴンノラシンバン1
装幀 TAKUMI(TM)/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-202417-1
C-CODE 0197
整理番号 フ-47-1
ジャンル 文学・評論
定価 781円

真理計を読み解く少女・ライラが世界中を虜にし続ける冒険ファンタジーの超傑作。

11歳の少女・ライラの世界では、皆が自分の魂の片割れである動物の姿をした守護精霊(ダイモン)と共に生活している。ある時、ライラの暮らすジョーダン学寮の周りで子どもの連続誘拐事件が発生。連れ去られた子が北極で危険な人体実験に使われていると噂される中、親友のロジャーまでもが姿を消してしまった。運命に導かれて〈真理計(アレシオメーター)〉を手にしたライラは北へ向かう。壮大な冒険がいま、幕を開ける!

  • テレビ化
    ダーク・マテリアルズ/⻩⾦の羅針盤(2020年2月放映)
  • テレビ化
    ダーク・マテリアルズ/ライラと黄金の羅針盤 II(2021年2月放映)
目次
第1部 オックスフォード
1 トカイワインのデカンター
2 北の国のこと
3 ライラのジョーダンがくりょう
4 真理計アレシオメーター
5 カクテル・パーティ
6 あみ
7 ジョン・ファー
8 いらだち
9 ていさつ
第2部 ボルバンガー
10 領事とクマ
11 よろい

関連コンテンツ

著者プロフィール

1946年、英国ノリッジ生れ。児童文学作家。父親が英国空軍の軍人のため、子供時代は様々な国で暮らす。オックスフォード大学を卒業後、ウエストミンスター大学で英文学を教えるかたわら、小説、戯曲、絵本、児童文学などを発表。代表作に「ダーク・マテリアルズ」三部作があり、『黄金の羅針盤』で1996年にカーネギー賞とガーディアン賞を受賞。また『琥珀の望遠鏡』では2002年にウィットブレッド賞児童文学賞を受賞し、児童文学として初めて最優秀賞も受賞するという快挙をなしとげた。

大久保寛

オオクボ・ヒロシ

1954年、東京生れ。早稲田大学卒業。訳書に「アルテミス・ファウル」シリーズ、『黄金の羅針盤』『神秘の短剣』『琥珀の望遠鏡』『デビルズ・ピーク』など多数。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

フィリップ・プルマン
登録
大久保寛
登録

書籍の分類