ホーム > 書籍詳細:公孫龍 巻一 青龍篇

公孫龍 巻一 青龍篇

宮城谷昌光/著

1,870円(税込)

発売日:2021/01/19

書誌情報

読み仮名 コウソンリョウカン01セイリョウヘン
装幀 神木野啼鹿/題字、原田維夫/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 298ページ
ISBN 978-4-10-400428-7
C-CODE 0093
ジャンル 歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 1,870円
電子書籍 価格 1,870円
電子書籍 配信開始日 2021/01/19

高貴な身分を捨てた青年が時代を切り拓く。大河歴史小説、堂々の開幕。

中国戦国時代、陰謀により命を狙われた周王朝の王子が姿を消した。名を「公孫龍」と変え商人となった彼だったが、強国趙の公子を助けたことから、群雄割拠する時代のうねりに呑み込まれていく。天賦の才をもって偉人たちと交わり成長する青年の行く手に何が待ち受けるのか。宮城谷歴史文学の新たなる始まり。

目次
人質の旅
山賊との戦い
王の書翰しょかん
太子の席
公子の客
剣と刀
光と影
月下の闘い
北の天地
郭隗かくかい先生
えん王のひん
きょくほう光霍こうかく
しゅの招待
山中の光明
ちゅうざん滅亡
がっのゆくえ

書評

宮城谷作品に感じるロマン

吉川晃司

 私が中国史に傾倒するきっかけとなったのは、人生の中で大きな岐路に立たされたときでした。歴史上の傑物たちの生きざまや言葉に、ヒントを求めたのです。熱狂的な『三国志』ファンだと書かれることが多いのですが、正確に言えば春秋戦国時代がいちばん面白く。あの時代の傑物たちの逸話が大好きなので、宮城谷さんの作品とは出会うべくして出会ったのです。
 初めて宮城谷さんにお会いしたのは、15年ほど前でしょうか。浜名湖畔にあるご自宅へうかがい、仕事部屋や資料室も拝見し。光栄にも、執筆の卓に座らせていただいたことは自慢です。
「小説を読むときは史実と照らし合わせながら、より楽しませていただいています」という話をしたら、「これを持っておくといいよ」と薦めていただいたのが、古くは春秋戦国時代以前の原始社会から、新しくは清の時代まで、文字通り、時代ごとの中国の地図が詳細に載せられている、全8巻から成る「中国歴史地図集」でした。大陸の場合、一度の天変地異で地形や川の幅、流れなどが変わって、数百キロも都市が移動することもあったようで、この地図集があると、作品の理解にすごく役立つのです。
 それともう一つが、司馬光が編纂した歴史書の「資治通鑑」。しかし、こちらは全編を通した邦訳版が存在しなかったため、原文、すなわち漢文で読むしかなく、諦めました。すると、次にお会いして、その報告をしたとき、宮城谷さんが「君の中国史への興味は、国境は越えないんだね」というようなことを穏やかにおっしゃったのが痛恨でした。
 そもそも宮城谷さんは既存の資料をそのまま保管されているだけではなく、ご自身で写経のように書き写したものも作っておられ、あの傑作たちが生まれた秘密の一端に触れた思いでした。「君も自分でノートを作ってみるといいよ」とアドバイスもいただき、以来パソコンに書きためていたのですが、あるときウィルスにやられ……。そのため、頼るは己の記憶のみとなりましたが、自分で蓄えた知恵や体力は決して奪われない。それこそが財産。これは自分の信念でもありましたが、宮城谷さんとの出会いやアドバイスを通じて、その思いがより強くなりました。モノなんて一瞬でなくなってしまうということは震災のときにも痛感しましたが、いまのコロナ禍にしても同じようなことが言えますよね。
 さて『公孫龍』ですが、この作品で描かれている背景は、いわゆるボスキャラがうじゃうじゃいる時代。すでに登場している恵文王(公子何)や平原君(公子勝)、その父親である武霊王(主父)……。さらに、実際に宮城谷さんの著作で主人公となったことのある孟嘗君や楽毅など、挙げていくとキリがありません。にもかかわらず、主人公の公孫龍については、周の王子だったという設定など虚実を織り交ぜた自由自在な描かれ方となっており、これが面白くならないわけがない。実際、読み始めると止まりませんでした。孟嘗君や楽毅はこれから本格的に物語に関わってくるはずで、そうなるとファンとしては『公孫龍』を読み進めながら、かつての『孟嘗君』や『楽毅』を読み直すという楽しみ方もできます。
 そして今回、あらためて思ったのは、宮城谷さんというフィルターを通して表現される言葉は、あの禅問答の波状攻撃のような場面でさえ、どうしてリアルに感じられるのか。それは、「知識」がただのそれではなく、「知恵」へと昇華されているからではないでしょうか。なおかつ、表現は削ぎ落とされているのに、増す円熟味。この物語がどこまで続くのか、ワクワク感しかありませんが、閉鎖的な状況下にある世の中を、高いエンターテインメント性と、骨太な宮城谷ロマンで、これからも楽しませていただきたく思っております。

(構成・用田邦憲)

(きっかわ・こうじ ミュージシャン・俳優)
波 2021年2月号より
単行本刊行時掲載

著者プロフィール

宮城谷昌光

ミヤギタニ・マサミツ

1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て1991(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。1993年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞。『晏子』『玉人』『史記の風景』『楽毅』『侠骨記』『沈黙の王』『管仲』『香乱記』『三国志』『古城の風景』『春秋名臣列伝』『楚漢名臣列伝』『風は山河より』『新三河物語』『呉越春秋 湖底の城』等著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮城谷昌光
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類