ホーム > 書籍詳細:心は孤独な狩人

心は孤独な狩人

カーソン・マッカラーズ/著 、村上春樹/訳

2,750円(税込)

発売日:2020/08/27

書誌情報

読み仮名 ココロハコドクナカリュウド
装幀 John A. Woodside“Still Life: Peaches and Grapes”/装画、The Metropolitan Museum/装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 398ページ
ISBN 978-4-10-507181-3
C-CODE 0097
定価 2,750円
電子書籍 価格 2,750円
電子書籍 配信開始日 2020/08/27

誰もが孤独の部屋の中から、報われない愛の行き先を探している。

1930年代末、アメリカ南部の町のカフェに聾唖の男が現れた。大不況、経済格差、黒人差別……。店に集う人々の苦しみを男は静かに聞き入れ、多感な少女を優しく包みこむ。だがその心は決して満たされない――。フィッツジェラルドやサリンジャーと並ぶ愛読書として、村上春樹がとっておきにしていた古典的名作、新訳で復活!

インタビュー/対談/エッセイ

花ひらく夢――創作をめぐるノート

カーソン・マッカラーズ

自作について、南部の作家であること、小説が生まれる時……1959年発表のエッセイ

 四歳くらいの頃、乳母と一緒に歩いていると修道院の前を通った。一度だけ、その扉が開いていたことがあった。コーンにのったアイスクリームを食べたり、鉄製のブランコで遊んでいる子どもたちを目にした私はすっかり魅了され、その光景をじっと見つめていた。中に入ってみたいと思ったけれど、乳母はいけませんと言った。あなたはカトリック信者ではないのだからと。翌日になると、門は閉まっていた。でも年を追うごとに、そこではいったい何が行われていたのだろうと、私が入れなかったあの素敵なパーティーについて考えるようになった。修道院の壁をよじ登りたかったけれど、それには体が小さすぎた。壁を叩いてみたこともあったし、最高のパーティーが繰り広げられているのはわかっていたけれど、中には入れなかった。

 精神の孤独は、私が扱う大半のテーマのもとになっている。最初に書いた本は、ほぼ全編にわたってそれについて書いているし、それ以降の本もすべて何らかの形でそうだ。グロテスクな人間を登場人物に選ぶとき、愛――とりわけ愛に報いることも、受け取ることもできない人の愛――というものが重要になる。不自由な体が、愛を与え合うことができないという精神の不自由さのシンボルになっている人々を私が選ぶのは、彼らの精神の孤独を描くためだ。

 作家が作品を理解するには――自分が書いていることについて考えたり、知ったり、経験したりするには――感情的にちょうど真ん中にいることが重要だ。『結婚式のメンバー』の舞台を演出したハロルド・クラーマン(彼に幸あれ)よりもずっと前に、私はすでにあの部屋にいたハエやブヨを一匹残らず演出していたように思う。

 芸術作品が完成する前に、作家がその特徴を十分に理解することはめったにない。それは花をひらかせる夢に似ている。アイデアは静かに芽を出して膨らみ、作品が進むにつれて、日ごとに何千もの啓示が訪れる。ちょうど自然界で種が育つのと同じように、創作の過程で種は育っていく。そしてアイデアの種は、努力と無意識の両方と、その間の葛藤によって成長する。

 私にわかっているのは断片だけだ。登場人物のことは理解しているけれど、小説そのものが鮮明に見えているわけではない。ふとした瞬間に見えるようになるが、それがいつなのかは誰にもわからない(とりわけ作者にはわかっていない)。私の場合、そうした瞬間は懸命に努力したあとにやってくる。私にとって、そうして啓示の瞬間が訪れるのは、骨折り仕事の賜物だ。私の作品はすべてそんなふうにして生まれた。作家が啓示に頼らなければならないのは危険でもあり、素晴らしいことでもある。何ヶ月も頭を悩ませ、努力を重ねていくと、アイデアは花を咲かせ始める。それは神聖な瞬間だ。そうした瞬間はいつも潜在意識からやってくるので、操作することはできない。私は一年間ずっと、何を書いているかわからないまま、『心は孤独な狩人』に取り組んでいた。それぞれの登場人物は主人公に話しかけていたけれど、それがなぜなのかは、わからなかった。もう少しで、この話は長編小説にはせず、短く切って短編にしようとするところだった。でもそんな考えが浮かぶと、体の一部が切断されるような感じがして、絶望した。五時間続けて執筆したあとで、外に出た。道をわたると、突然、登場人物がそろって話しかけていたハリー・ミノヴィッツという人物は、まったく違う聾唖の男だという考えが浮かんできて、すぐにその名前はジョン・シンガーに変わった。小説の輪郭が見えたことで、私は初めて『心は孤独な狩人』に魂を込めて取り掛かれるようになったのだ。

 知るべきことと、知らなくてもいいことについてはどうだろう? アメリカ大使館(注 1950年代初頭、マッカラーズは夫リーブスと共にフランスに滞在していた。)のジョン・ブラウンが私を訪ねてきた時、彼は長い人差し指を向けて「カーソン、君の無知には感服するよ」と言った。私が「なぜ?」と訊くと、彼は「ヘイスティングズの戦いはいつのことで、何のための戦争だった? ワーテルローの戦いはいつ起きて、どんなだったかわかるかい?」と尋ねた。「ジョン、私はあまりそういうことは気にしてないの」と答えると、彼は「そういうことだよ。君は人生の事実で頭を煩わせていないんだ」と言った。

『心は孤独な狩人』を書き終えようという時、近くの町で聾唖者の集会があると夫が知らせてくれた。彼は、きっと私はそこに行って聾唖者のことを観察したがるに違いないと思ったのだ。でも私は彼に、そんなことは絶対にしたくないと言った。すでに自分のなかの聾唖者に対する見方は固まっていたし、それをかき乱されたくなかったからだ。海外で暮らして、再び故郷を訪れることはなかったジェイムズ・ジョイスも、同じ気持ちだったのではないかと思う。彼は自分のなかにあるダブリンは確固たるものだと思っていたのだろうし、それは実際にそのとおりなのだ。

 作家の真の強みはその直感力にある。だからあまり多くの事実を知りすぎると、直感の邪魔になる。作家はたくさんの事柄について知る必要があるけれど、知らなくていいことも多い。作家は人間のやることについて知らなければならない。たとえそれが、いわゆる「健全」ではないことだとしても。

 私は毎日、「ニューヨーク・デイリー・ニュース」を読む。それもとても真剣に。刺傷事件に関して、刺された恋人が住んでいた通りの名前を知ったり、「ニューヨーク・タイムズ」が決して報じないような詳細を知ったりするのは面白い。スタテン島で起きた未解決の殺人事件においては、医者と妻が刺された時、ふたりともモルモン教の寝間着を着ていて、それが七分丈だったというのは興味深い話だ。うだるように暑い夏の日に父親を殺したリジー・ボーデン(注 リジー・ボーデン(1860―1927)は、1892年8月4日、米国マサチューセッツ州で父親と継母を斧で殺害した疑いで起訴されたが、無罪となった。)が、その日の朝に食べたのは、ひつじ肉のスープだった。いつだって詳細は、どんな一般論よりも思考を刺激してアイデアを引き出してくれる。キリストは左側を槍で刺されたと言うほうが、単に槍で刺されたと言うよりも感動的だし、想像力をかきたてる。

 なぜ不健全なことが非難されるのかは、説明できない。作家に言えるのは、潜在意識のなかで後々花ひらく種から書き始めるということだけだ。人が生きたり死んだりすることは異常ではない。ただ生命がないものが異常なのだ。脈打ち、動き、部屋を歩きまわるものは何でも、それがどんなことをしていようとも、作家にとっては自然であり、人間的なのである。『心は孤独な狩人』のジョン・シンガーが聾唖者であることや、『黄金の目に映るもの』のペンダートン大尉が同性愛者であることは、障害や不能を象徴している。精神的な弱さのシンボルである聾唖者のシンガーは、自分の愛を受け取ることができない人を愛する。物語やテーマやできごとを暗示するシンボルは、あまりにも織り交ぜられているので、どこからが暗示なのかを知ろうとしてもわからない。私は自分が書く登場人物になる。彼らの世界にすっかり入り込んでしまうので、彼らの動機は私自身のそれになる。だから泥棒について書いていると、私は泥棒になるし、ペンダートン大尉について書いていると、同性愛者の男になる。また、聾唖者について書くと、その物語に向き合っているあいだは口が利けなくなる。私は自分が書く登場人物になり、「人間にかかわることは何によらず、私と無縁ではない」と述べた古代ローマの詩人テレンティウスを賛美する。

『結婚式のメンバー』の舞台版を執筆していた時、私の体はまひしていて、実に悲惨な状態だった。でも台本を書き終えると、友人にこう手紙を書いた。「ああ、作家でいるというのはなんて素晴らしいことなんでしょう。こんなに幸せな気持ちになったことはないわ……」

 仕事が思うようにいかないとき、作家ほど人生が悲惨になるものはない。でもうまくいって、啓示によって作品の輪郭がはっきりしたことで、物語がわかりやすくなり、流れるように進みはじめると、これほど嬉しいことはないのだ。

 なぜ人は書くのだろう? 正直なところ、作家はこの世でもっとも経済的に報われない職業だ。『結婚式のメンバー』を執筆して私が稼いだ金額を弁護士が計算したら、この作品は書くのに五年以上かかったわけだが、日割り計算すると一日二十八セントだった。さらに皮肉なことに、『結婚式のメンバー』の舞台はとても大きな儲けを生んだので、その八割を政府に渡さなければならなくなった。これについては、喜んで……まあ、せめて喜んで払おう。

 人は無意識のうちにコミュニケーションや自己表現の必要にかられて、書くのに違いない。書くことは、迷ったり夢を見たりする仕事だ。知性は無意識の下に隠れている――つまり思考は想像力によって操作されるのが最も好ましいということだ。でも書くことは、まとまりがなかったり、知性に欠けたりするわけではない。最高傑作と言われる小説や散文のなかには、電話番号のように正確なものもあるが、それには洗練された情熱や詩心が必要となるので、そこまで達成できる散文作家はほとんどいない。私は散文という言葉が好きではない。あまりにも平凡でつまらないと思う。よい散文には、詩の光が溶け込んでいなければならない。散文は詩のようにあるべきで、詩は散文のように意味が通るべきなのだ。

 アンネ・フランクと彼女の驚異的なコミュニケーション方法について考えてみよう。それは十三歳の子供のコミュニケーションというだけではなく、良心と勇気のコミュニケーションでもあった。
 そこには真の孤独があった。でも精神の孤独というよりは物理的な孤独だ。数年前、アンネ・フランクの父親とパリのホテル・コンチネンタルで会うことになった。話をしたあとで、彼は娘の日記を戯曲にしてくれないかと尋ねてきた。そして私がまだ読んでいなかった、その日記の本をくれた。読みはじめると、あまりにも気持ちが動揺して手や脚に湿疹が出てきたので、このような状態では戯曲は書けないと彼に伝えるほかなかった。

 矛盾はコミュニケーションの糸口になる。何かについて、それが〜ではないということを知ることが、その実態を知る手がかりになることがよくあるからだ。ニーチェはかつて、コジマ・ワーグナー(注 コジマ・ワーグナー(1837―1930)はフランツ・リストの娘で、リヒャルト・ワーグナーの二番目の妻。)に宛てて「たった三人でも私のことを理解してくれたらいいのだが」と書いた。コジマはニーチェを理解していた。それから何年もあとになって、アドルフ・ヒトラーという男が、ニーチェを誤解したまま哲学体系をそっくり構築した。ニーチェのような偉大な哲学者と、リヒャルト・ワーグナーのような偉大な音楽家が、今世紀における世界的苦難に大きく貢献したかもしれないというのは、矛盾している話だ。無知な人間が何かを部分的に理解すると、歪曲的で主観的な理解になる。そしてそのような理解をしたヒトラーは、ニーチェの哲学とリヒャルト・ワーグナーの作品を主軸にして、ドイツ人の感情に訴えかけたのだ。彼は偉大な思想を操作して、その時代の絶望へと書き換えた。それが真の絶望であったことを、私たちは決して忘れてはならない。

 作品を書くにあたって影響を受けた人物は誰かと訊かれると、私はユージーン・オニール、ロシアの作家たち、フォークナーフロベールを挙げる。『ボヴァリー夫人』は意図的に簡潔に書かれた作品のように思われる。いつの時代においても、綿密に考えつくされた作品であり、苦労して書かれた作品の一つだ。『ボヴァリー夫人』にはフロベールの時代における現実の声、その時代のリアリズム対ロマン主義という考え方が混じり合っている。申し分のないほど洗練された、そのわかりやすい文章を読むと、まるでフロベールの思考が、中断されることなく筆先から流れ出てきたように思える。彼は、作家として初めて自分のなかの真実と向き合っていたのだ。

 想像力と現実があって初めて、小説に何が必要なのかがわかる。私にとっては、現実だけがそこまで重要だったことは一度もない。かつてある教師が、人は自分の家の裏庭について書くべきだと言っていた。彼女は自分が一番よく知っていて、馴染みのあるものについて書くべきだと言おうとしたのだろう。でも自分の想像力以上に馴染みがあるものとはなんだろう? 想像力は記憶と洞察とを結びつけ、現実と夢とを結びつける。

 なぜもっと頻繁に南部に帰らないのかとよく訊かれる。でも私にとって南部は、感情がとても揺さぶられる場所で、そこには幼少時代のあらゆる思い出が詰まっている。南部に戻ると、いつも誰かと口論になるので、ジョージア州コロンバスを訪れると、愛と敵対心が掻き立てられることになる。私の作品の舞台はいつも決まって南部地方になるだろうし、南部はこれからもずっと私の母国なのだ。茶色い川とおなじように、私はニグロの声が好きだ。南部へ帰った時の小旅行や、自分の記憶、そして新聞記事のなかにも、依然として自分だけの現実があるように感じる。

 多くの作家にとって、幼少期には知らなかった新しい環境について書くのは難しい。幼かった頃に聞いた声のほうが、より真実に近く聞こえるのだ。そしてその頃に見た木々の葉のほうが、より正確に記憶に残っている。南部ではない場所で仕事をしていると、どの時期に花が咲くのかを決まって考える羽目になる。それに一体どんな花がひらくのだろう? 私は、南部の人間でない登場人物にはほとんど話をさせない。トーマス・ウルフはブルックリンの情景を見事に描いてみせたが、それよりも見事に描かれていたのは、南部の話し方や抑揚だった。これは特に南部の作家に言えることで、それは彼らの話し方や木々の葉だけでなく文化そのものが、南部をアメリカという母国の中の母国たらしめているからだ。どんな政治観を持っていようとも、リベラリズムに傾倒していたり、していなかったりしたとしても、それでもやはり南部の作家は、言葉や、声や、木々の葉や、記憶といった地域特有のものに縛られている。

 南部の作家で真に国際感覚を持っている人はほとんどいない。フォークナーはイギリス空軍やフランスについて書いているが、その記述はどこか説得力に欠けている。その一方で、彼がヨクナパトーファ郡について書いたほとんどの文章には、納得させられた。それどころか、私にとって『響きと怒り』は、おそらくアメリカ小説の中で最も偉大な作品だ。この小説には信憑性と雄大さが感じられ、何よりも、現実と夢とが融合する神聖な瞬間から生まれた優しさがある。

 一方でヘミングウェイは、アメリカの中で最も国際的な感覚を持っている作家だ。彼はパリ、スペイン、アメリカに精通しているし、幼少期にネイティブ・アメリカンと交流した話も書いている。ひょっとするとそれは彼のスタイルで、巧みに考え抜かれた表現方法なのかもしれない。ヘミングウェイは何かを生み出したり、自分のさまざまな見解を読者に納得させたりすることの達人ではあるが、感情に関して言えば放浪者だ。彼の作風では、作品の心に訴えるような側面に何かが隠されている。もし私がヘミングウェイよりもフォークナーを好むとすれば、それは私が慣れ親しんだものに――自分の幼少期を連想させ、その頃に聞いた言葉を思い起こさせる作品に――より心を打たれるからだ。私からすると、ヘミングウェイは言葉を創作スタイルの一つとして用いているように思える。

 職業柄、作家というのは夢想家で、意識的に夢を見ている。愛や愛から生じる直観なくして、どうして他人の状況に身を置けるというのだろう? 作家は想像しなければならないし、想像するとなると、謙虚さや、愛や、並外れた勇気が必要となる。愛や愛にともなう葛藤を描かずして、どうして登場人物を生み出せるというのだろう?

『針のない時計』という小説に取り組んでから、もう何年も経つ。おそらくあと二年ほどすれば仕上がるだろう。私の作品は執筆に時間がかかる。集中して向き合うことで、この小説は一日一日と進んでいる。私は作家としていつも一生懸命に取り組んできた。でも私はまた作家として、一生懸命取り組むだけでは十分でないことも理解している。尽力するうちに必ず啓示が訪れ、その神聖なる閃光によって作品に輪郭と調和が生まれるのだ。

 テネシー・ウィリアムズに、どんなふうにして『ガラスの動物園』の発想を得たのかと尋ねた時、彼は(牧師をしていた)祖父の教会区の信者の家で、薄い透けるカーテンを見て思いついたと言った。それが後に彼が追憶の劇と呼ぶものへと発展していったのだ。どうして薄い透けるカーテンの思い出が、彼の少年期の記憶にしっくりと当てはまったのかは、彼にも私にもわからないが、無意識というものは簡単に理解できるものではない。

 どんな芸術であっても、創作はどのようにして始まるのだろう? テネシーが追憶の劇として『ガラスの動物園』を書いたように、私も十七歳の時に『神童』を書いた。ある記憶を書いたものだが、その記憶をありのままにではなく、短縮して書いたのだ。若い音楽教師の話だったが、実際に自分が習っていた音楽教師のことではなく、その人と一緒に学んだ音楽について書いた。そのほうが私にとっては真実に近いように思えたからだ。想像力は現実よりも真実に近いのである。

 古代のトリスタンとイゾルデの愛や、エロスの愛のような個人間における情熱的な愛は、ギリシャの祝宴の神や、兄弟愛の神のような神々の愛や、友情、アガペーの愛、そして人類愛に劣る。それこそまさに私が『悲しきカフェのバラード』で、せむしで小男のいとこ、ライマンに対してミス・アメリアが抱く奇妙な愛情を描いて表現しようとしたことだ。

 作家の仕事はその人の人柄だけでなく、生まれた地域にも基づいている。時々、グロテスクなものが崇高なものと並列される、いわゆる「ゴシック」と呼ばれる南部文学の小説様式は、南部において人間の命が軽んじられていることに起因するのではないかと思う。その意味でロシアの作家は南部の作家に似ている。私が子供の頃、南部はほとんど封建社会と言えるような場所だった。でも南部はロシアよりも、人種問題によってさらに複雑になっている。貧しい南部人のことを見た多くの人が、彼のたった一つの誇りは白人であることだと思い、人の自負心が哀れになるほど尊重されないとしたら、どうやって人は愛せるようになるのだろう? 何をおいても、素晴らしい作品は主に愛によって生み出されている。そしてそういう作品には、愛と情熱と共感がすべて溶け合っているのだ。

 どんなコミュニケーションにおいても、ある人に向けて言うことと、別の人に向けて言うことは大きく異なるが、書くことは、本質的にはコミュニケーションである。そしてコミュニケーションは、愛、良心、自然、神、そして夢にたどり着くための唯一の手段だ。私について言えば、自分の作品の中に入っていけばいくほど、また好きな作品を読めば読むほど、夢と神の論理が明確に見えてくる。それはまさに、神聖な瞬間なのだ。

(了)

(カーソン・マッカラーズ)
(小澤身和子 訳)
波 2020年9月号より
単行本刊行時掲載

いちばん最後までとっておいた翻訳作品

村上春樹

 僕が翻訳を始めたのはもう四十年くらい前のことだが(小説家になるのとほとんど同時に翻訳の仕事をするようになった)、今はまだ始めたばかりだから実力的に無理だけど、もっと経験を積んで翻訳者としての腕が上がったら、いつか自分で訳してみたいという作品がいくつか頭にあった。言うなれば「将来のために大事に金庫に保管しておきたい」作品だ。
 たとえばそれはスコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』であり、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』であり、J・D・サリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』や『フラニーとズーイ』であり、トルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』だった。どれも僕が青春期に読んで、そのあとも何度か読み返し、影響を受けた作品たちだ。そこから豊かな滋養を与えられ、その結果自分でも(及ばずながら)小説を書くようになった、僕にとってはいわば水源地にあたるような存在だ。
 それらの古典、あるいは準古典作品にはもちろんそれぞれに優れた既訳もあるし、あえて訳し直すとなれば、僕としても十分な準備をし、それなりの覚悟を決めなくてはならない。ただ好きだからといって、簡単においそれと手をつけられるものではない。同時代の新しい作品を主に訳しながら、翻訳の技術を少しずつ身につけ、僕なりに腕を磨き、体制を整えた。
 けっこう長い年月を要しはしたが、幸運にも恵まれ、また良き協力者も得て、それらの「取り置き」作品のほとんどすべてをひとつひとつ順番に訳して、世に問うことができた。そしてあとに残されているのは、このカーソン・マッカラーズの『心は孤独な狩人』だけとなった(いわばその準備段階として、まずもっと短い同著者の『結婚式のメンバー』を翻訳した)。
 僕が初めてこの『心は孤独な狩人』を読んだのは、大学生のときだ。二十歳くらいだったと思う。そして読み終えて、とても深く心を打たれた。もう半世紀も前のことだが、以来この本は僕にとっての大切な愛読書になった。他のマッカラーズ作品も、手に入るものはすべて読破した。そのようにしてマッカラーズは僕にとって、大事な意味を持つ作家になった。古今東西、女性作家の中では僕が個人的にいちばん心を惹かれる人かもしれない。
 僕がこの作品の翻訳を、いちばん最後までとっておいたのには(最後まで金庫に大事にしまっておいたのには)、いくつかの理由がある。ひとつには、それが今の時代の日本の読者に(とくに年若い読者に)、どれほどの共感をもって受け入れられるか、そのことに今ひとつ確信が持てなかったからだ。僕はこの小説を個人的にとても愛好しているのだが(そして僕の周りにもそういう人がけっこう多いのだが)、現在の若い読者がこのような物語をどこまですんなり受け入れてくれるか、ちょっと推測がつかなかった。前述したフィッツジェラルドや、チャンドラーや、サリンジャーや、カポーティに関しては、そのような危惧はほとんどまったく感じなかった。それらはきっと「今も同時代性を持つ古典作品」として受容されるだろうという確信があった。
 しかしマッカラーズに関してはどうだろう? もしこの作品が受け入れられなかったら、理解されなかったら……と思うと、個人的な思い入れがあるだけに、けっこう心が痛んだ。
 マッカラーズの小説世界は、言うなれば個人的に閉じた世界でもある。それはマッカラーズによって語られ、描写されるマッカラーズ自身の心象世界だ。そこに出てくる人々は、それぞれの異様性を背負い、それぞれの痛みに耐え、欠点や欠落を抱えつつ、それぞれの出口を懸命に探し求めている。しかし多くの場合、その出口は見当たらない。そしてその「出口のなさ」にこそ、実はマッカラーズの小説作品の真骨頂みたいなものがある。その世界における夜は暗くて長い。とはいえ夜はもちろんいつか明けて、朝が訪れる。しかし朝は来ても、そこで明確な解決策が示されるわけではない。人々はそのような宙ぶらりんの状態に置かれたまま、新たな夜の到来を待つことになる。僅かな――しかしきらりと小さく光る――希望を持って。
 そういう人々の痛みや欠落や異様性を描くマッカラーズの筆力は実に見事だ。それはおそらく彼女にしかできない特殊な作業だ。繊細で、大胆で、恐れることを知らない。そしてまたしたたり落ちるように美しくもある。このような姿勢の良い骨太の、そして心優しい長編小説が、南部の田舎町から出てきた二十歳そこそこの娘によってあっさり書かれてしまったというのは、ほとんど信じがたいことだ。当時のアメリカの人々にとってもまた、それはやはり信じがたいことであったようだ。そして彼女は一時期「天才少女」として脚光を浴び、世間にもてはやされるのだが、それは傷つきやすい繊細な心を持ったマッカラーズにとっては、あまり座り心地の良いポジションではなかったようだ。人生はマッカラーズにとって、決して安全で優しい場所ではなかった。
『心は孤独な狩人』は発表後八十年ばかりを経ているが、今でもアメリカ本国では広く読み継がれる古典作品となっている。それなりの規模を持つ書店であれば、全国どこに行ってもこの本は書棚に常備されている。マッカラーズはこの他にも何冊かの優れた作品を書いているが、本書がなんといってもその代表作であり、もし仮にこの本一冊しか書かなかったとしても、彼女はおそらくアメリカ文学史に名を残したことだろう。
 ただこの本に含まれる独特の「重さ」は、今日の日本の読者にはあまりなじみのないものかもしれない。1930年代後半のアメリカ南部の小さな街。十年近くにわたって経済不況が続き、多くの人々は生活苦に喘いでいる。非人間的な厳しい人種差別があり、構造的な救いがたい貧困があり、持つものと持たざるものとの間の激しい階級闘争がある。知的な黒人医師は人種差別と必死に戦い、アナーキストのブラントは資本主義制度の矛盾を打ち砕こうと苦闘している。「公正さ」を目指す彼らの努力はどこまでも真摯なものだが、他者との共感を欠いて、常に空回りしている。そのせいで二人は共に孤独な、孤立した存在となっている。またいくつかの共通項を持ちながらも、その二人が理解し合い、協力し合うような事態はもたらされない。
 町外れのカフェの主人は自らの「不適切な」性的欲望に終始苦しみ、主人公の少女は何かを熱く切望しながらも、自分の心をひとつにまとめることができない。そして一人の物静かな聾唖の男(シンガーさん)は、そのような周囲の人々の様々な形状を取った苦悩を、深い沈黙のうちにそのまま受け入れ、まるでスポンジのように自らの身に吸収していく。彼一人だけが愛というものを堅く一途に信じているが、最後の最後までその思いが報われることはない。そして結局は絶望の淵に静かに沈んでいく。
 ヨーロッパではドイツとイタリアというファシスト国家が威力を持ち、やがて大きな戦争が始まろうとしている。戦雲が刻々と広がっていく(第二次大戦の火ぶたが切って落とされたその日にこの物語は終わる)。そんな重苦しい時代環境の中で、主人公の少女はあちこちに頭を打ち付けながら、徐々に成長を遂げていく。しかしすべての登場人物に関して、ハッピーな結末はそこには暗示されていない。誰もがそれぞれの孤独な部屋に閉じ込められ、そこから彼らが救われる可能性はとても薄いように見える。
 こうしてみると、ずいぶん切ない話だったんだ、ずいぶん暗い時代だったんだと翻訳しながらあらためて思った。こんな長くて救いの見えない物語を、現代の読者にうまく受け容れてもらえるものだろうか? 正直なところ、僕にはもうひとつ自信がない。
 それでも、考えてみれば、状況は今でも基本的には何ひとつ変わってはいないんだという気もしなくはない。世界中で貧富の格差はどんどん広がっている。人種差別はいまだに厳然と残っている(制度としての差別はいちおうなくなったものの)。幼児性愛傾向を抱える人や、同性愛や、それぞれの異形性に人知れず悩み苦しむ人も少なくないはずだ。人々は共感や共闘を求めるが、それを見つけるのは簡単なことではない。そしてそのような悲しみに満ちた世界を広く見渡し、細部を克明に描きあげるマッカラーズの鋭い観察力と筆力は、この現代においても変わることのない有効性を持っているように、僕には思える。そして――これがなにより大事なことなのだが――そのような人々の姿を描写するマッカラーズの視線はどこまでも温かく、深い同情と共感に満ちている。そう、それこそがこの『心は孤独な狩人』という小説の最も美しく、そして心を打つ点なのだ。
 一人でも多くの人にこの物語を読んでいただき、いろんな意味合いで心に刻んでいただければと思う。ここにあるのはかなり遠い過去の声だが、それは今でもしっかり我々の耳に届く声でもあるのだ。

(「訳者あとがき」より抜粋)
(むらかみ・はるき 作家)
波 2020年9月号より
単行本刊行時掲載

担当編集者のひとこと

 アメリカ南部出身の女性作家マッカラーズの、日本では入手困難になっていた代表作が村上さんの新訳で刊行されました。1930年代末の南部が舞台ですが、格差社会、人種差別、閉塞感、不況、ファシズムの台頭、性の多様性など現在との類似に一驚します。
 就中、興味深いのは中心人物のシンガーさん。聾唖者で、どうやら同性愛者でもある彼に、なぜか街の人たちは悩みを語りかけ(彼は読唇術ができる)、彼の来し方を自分の想像通りだと信じ込み、あらゆる噂を囁いて、信頼を深めていきます。「人々はそれぞれ、こうあってほしいと望む方向に彼を作り上げていったのだ」。差別と闘う黒人医師も、アナーキストで八方破れな酔っ払いジェイクも、音楽を愛する貧しい少女ミックも、自らの性的欲望に手を焼くカフェの主人も……。
 シンガーさんはまるで遠藤周作氏描く〈無力で、人生に疲れているけれど、人々の哀しみに寄り添うキリスト〉みたいですが、彼は救い主めいたことはしないし、奇跡も起こせないように見えます。登場人物たちがそれぞれ抱える事態は好転せず、やがて圧巻と呼ぶしかない終幕が――(終幕の日付に注目。作品をリアルな世界状況へと繋げる大技があり)。
 読後、胸に迫るのは作家が自身を投影しているような繊細で複雑な心を持つミックの肖像で、闇の庭で他家のラジオへ耳を傾け、クリークで男の子と泳ぎ(この場面の抒情と悲哀!)、いつかピアノを持つことを夢想する彼女と会うためにだけでも、再びこの本を開くことは確実。ぜひ、みなさんもこの少女の「内側の部屋」を覗いてみてください。(出版部・K)

2020/09/28

著者プロフィール

(1917-1967)ジョージア州コロンバス生まれ。幼少期からピアノの才能に秀で、ニューヨークのジュリアード音楽院に進むが、授業料を失くして入学を断念。かわりにコロンビア大学で創作を学び、リーヴズ・マッカラーズと結婚。1940年、23歳にして『心は孤独な狩人』を執筆し、文学的なセンセーションを巻き起こした。その後は『黄金の眼に映るもの』(1941年)、『結婚式のメンバー』(1946年/新潮文庫刊)、『悲しき酒場の唄』(1951年)、『針のない時計』(1961年)などの小説やノンフィクションを執筆、1967年、50歳で世を去った。

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

カーソン・マッカラーズ
登録
村上春樹
登録

書籍の分類

  • 発行形態:書籍
  • 著者名:
  • 著者名:M