ホーム > 書籍詳細:心は孤独な狩人

心は孤独な狩人

カーソン・マッカラーズ/著 、村上春樹/訳

2,750円(税込)

発売日:2020/08/27

書誌情報

読み仮名  
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 400ページ
ISBN 978-4-10-507181-3
C-CODE 0097
定価 2,750円

誰もが孤独の部屋の中から、報われない愛の行き場を探している。1930年代末、アメリカ南部の町。差別と貧困の中で、ひとりの聾唖の男が少女らと出会い、人々の苦しみを静かに受けとめてゆく。長らく絶版となっていた名作が、村上春樹の新訳でよみがえる!

著者プロフィール

(1917-1967)ジョージア州コロンブス生れ。アメリカの女性作家。南部の風土を舞台に社会に順応できない人々の孤独や少女の心理を精緻に描き、独自の小説世界をつくり出した。デビュー小説『心は孤独な狩人』(1940)や『結婚式のメンバー』(1946)は20世紀米文学の傑作と評される。中産階級出身で音楽的才能にも恵まれていた。長編・中編小説のほか、多くのエッセイ・戯曲を残している。

村上春樹

ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)、『騎士団長殺し』がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

カーソン・マッカラーズ
登録
村上春樹
登録

書籍の分類

  • 発行形態:書籍
  • 著者名:
  • 著者名:M