ホーム > 書籍詳細:生き抜くヒント

生き抜くヒント

五木寛之/著

814円(税込)

発売日:2020/10/17

書誌情報

読み仮名 イキヌクヒント
シリーズ名 新潮新書
装幀 柳智之/題字、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 200ページ
ISBN 978-4-10-610880-8
C-CODE 0210
整理番号 880
定価 814円

ユーモアとペーソスの陰にキラリとひかる処世の知恵。手洗いよりも、心の換気。

老いと病いを道連れに、こんな時代をどう生きればいいのか。●治すのではなく治める●ピンピンソロリがいい●ため息の効用●うまいものは体に悪い●右へ左へブレながら●うつらぬ用心 うつさぬ気くばり●悲しいときには悲しい歌を●コロナの風に吹かれて……ユーモアとペーソスの陰に処世の知恵が光る。『週刊新潮』人気連載から厳選、35の「生き抜くヒント」!

目次
【私の体験的養生法】
治すのではなく治める
ボート漕ぎメソッド
嚥下力は一日にしてならず
腹巻きの偉大な力
アンチ加齢の手段にあらず
ピンピンソロリがいい
【意外といいかも】
健康のための三種の神器
ため息の効用
コーヒーと高麗人参
正しく風邪を引く
貧乏ゆすりをドドンパで
転ばぬ先の杖より前に
【ボケたくはないけれど】
この年になって怖いもの
記憶力より回想力
歌のアルツハイマー度テスト
認知症を防ぐには
人生後年の遊びごと
人が世を去る適齢期は?
【こころの持ちよう】
貧しき食にも歴史あり
年をとると人間は変るか
再び高齢者の運転について
痛む脚にありがとう
右へ左へブレながら
【養生は健康法にあらず】
うまいものは体に悪い
健康・経済・孤独の3K
とかく生きることは難しい
ほどほどという事
健康法と養生の間には
【コロナの風に吹かれて】
うつらぬ用心 うつさぬ気くばり
世の中一寸先は闇
生き抜くヒント
スペイン風邪が示唆すること
悲しいときには悲しい歌を
ポストコロナの明日へ
コロナの風に吹かれて

著者プロフィール

五木寛之

イツキ・ヒロユキ

1932(昭和7)年福岡県生まれ。作家、作詞家。早稲田大学露文科中退後、編集者などを経て『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、『青春の門 筑豊篇』他で吉川英治文学賞を受賞。『風に吹かれて』『大河の一滴』『他力』『人間の覚悟』『親鸞』『孤独のすすめ』など著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

五木寛之
登録

書籍の分類