ホーム > 書籍詳細:宮本輝全集 第8巻

宮本輝全集 第8巻

宮本輝/著

4,400円(税込)

発売日:1992/11/10

書誌情報

読み仮名 ミヤモトテルゼンシュウ08
シリーズ名 全集・著作集
全集双書名 宮本輝全集
発行形態 書籍
判型 四六判
ISBN 978-4-10-645408-0
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書、文学賞受賞作家
定価 4,400円

『花の降る午後』収録。若くして夫を癌で失い、神戸のフランス料理店の店主として生きる女性に、不意に訪れた恋の悦びと苦悩――。天が彼女に降らせた花々を描く長編小説。

目次
花の降る午後
 後記
 初出と初収

著者プロフィール

宮本輝

ミヤモト・テル

1947(昭和22)年、兵庫県神戸市生れ。追手門学院大学文学部卒業。広告代理店勤務等を経て、1977年「泥の河」で太宰治賞を、翌年「螢川」で芥川賞を受賞。その後、結核のため2年ほどの療養生活を送るが、回復後、旺盛な執筆活動をすすめる。『道頓堀川』『錦繍』『青が散る』『流転の海』『優駿』(吉川英治文学賞)『約束の冬』(芸術選奨文部科学大臣賞)『にぎやかな天地』『骸骨ビルの庭』(司馬遼太郎賞)『水のかたち』『田園発 港行き自転車』等著書多数。2010 (平成22)年、紫綬褒章受章。2018年、37年の時を経て「流転の海」シリーズ全九部(毎日芸術賞)を完結させた。

The Teru's Club / 宮本輝公式サイト (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

宮本輝
登録
全集・選書
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類