ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:芸術新潮 > 雑誌詳細:芸術新潮 2011年4月号

【法然上人800回忌記念 大特集】法然 こころの改革者

芸術新潮 2011年4月号

(毎月25日発売)

特別定価1,572円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2011/03/25

発売日 2011/03/25
JANコード 4910033050414
価格 特別定価1,572円(税込)

編集長から

こころの改革者
法然
 葬式ぐらいでしか仏教に縁のない私は、悪人正機説といえば親鸞オリジナルと思い込んでいました。それが実は、親鸞の師・法然が既に説いたことだったとは。今年は浄土宗の宗祖・法然の800回忌。南無阿弥陀仏と唱えるだけで誰もが極楽へ行けるという教えは、仏教を庶民に開放する画期的なものでした。「日本の思想を最も革命的に変革した人」として法然を挙げる梅原猛氏は、本特集の論考で、この宗教家が抱える深い闇ゆえの光を掘り起こします。題して「死の教師、法然」。また、法然といえば総長584メートルに及ぶギネス級の絵巻《法然上人絵伝》全48巻あり。数奇な成り立ちを含め、その名場面をじっくりと紹介します。
 京都が法然上人の大遠忌で沸くなら、東京ではフェルメール《地理学者》にファン殺到。この絵のモデルとされる人物とフェルメールとの知られざる関係を、生物学者の福岡伸一氏が探る特別寄稿、今月はその前篇です。

芸術新潮編集長 米谷一志

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

芸術新潮とは?

「暮らし」はアートであるをキャッチフレーズにあらゆる事象を「芸術」という観点から検証し、表現する「芸術新潮」。1950年に創刊され、歴史と文化を見続けてきたハイクオリティなアートマガジン。歴史的な芸術作品から、建築、古美術、現代アートまで、あらゆる「美しきもの」を独自の切り口で紹介しています。