ホーム > 雑誌 > 雑誌詳細:芸術新潮増刊号 > 雑誌詳細:芸術新潮増刊号 2024年1月号

これだけは見ておきたい2024年美術展
Best25 and More!
〈付録〉CALENDAR for Art Lover 2024

芸術新潮増刊号 2024年1月号

(不定期)

1,670円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2023/11/27

発売日 2023/11/27
JANコード 4910033060147
定価 1,670円(税込)
●目 次

これだけは見ておきたい2024年美術展 Best25 and More!

ご鑑賞は計画的に♪ 展覧会早見表

巻頭グラフ

板垣李光人×テート美術館展 光
いま、光のなかへ。


12 DECEMBER 2023

Exhibition 01
大正画壇を賑わせた
なにわのガールズパワー


1 JANUARY 2024

Exhibition 02
旗本で浮世絵師
鳥文斎栄之(ちょうぶんさい・えいし)
エレガンス美人にひたる

Exhibition 03
桃山が生んだスーパー文化人
本阿弥光悦の
超越する芸術

Exhibition 04
大西洋を越えた
印象派の光


2 FEBRUARY

Exhibition 05
彫りも彫ったり12万体!?
円空仏が日本中から大集合!

Exhibition 06
8年ぶりの国内大規模個展
村上隆が京都に降臨!

Exhibition 07
写真家・中平卓馬の
終わらない問いかけ

Exhibition 08
晩年のマティスが
ハサミで刻んだ
色彩とかたちの洪水


3 MARCH

Exhibition 09
モダンでカラフルでチャーミング!
福田平八郎が切り取る光景

Exhibition 10
春の上野で、吉原ルネサンス!

Exhibition 11
職人(アルチザン)ブランクーシが切り拓いた
20世紀彫刻の可能性


4 APRIL

Exhibition 12
雪舟の国宝全6件そろい踏み!
でも「雪舟展」ではありません

Exhibition 13
絵画をめぐる闘いと冒険、そして帰還
デ・キリコの世界を一望する

Exhibition 14
平安のスーパースター空海が
プロデュースした曼荼羅世界

Exhibition 15
浄土宗開宗850年
阿弥陀如来が三都に舞い降りる


5 MAY

Exhibition 16
海を越えて邂逅!
モダンアートのすてきな三点組

Exhibition 17
昭和の女の子から令和の女の子まで
全員集合! パーティが始まるよ


6 JUNE

Exhibition 18
貴重資料も続々!
安彦良和
『ガンダム』から史劇マンガまで


7-8 JULY & AUGUST

Exhibition 19
Jean-Michel Folon
現代社会の映し鏡
フォロン描く幻想の国へ

Exhibition 20
カナレットが描いた
旅のアルバム「ヴェドゥータ」をご存じですか?


9 SEPTEMBER

Exhibition 21
ルイーズ・ブルジョワ
蜘蛛女のメッセージ

Exhibition 22
伝説を超えた田中一村に、
今こそ出会いたい!


10 OCTOBER

Exhibition 23
はにわ、土偶、世相
意外なるその関係性

Exhibition 24
「睡蓮」大集結で伝える
モネが到達した画境


11 NOVEMBER

Exhibition 25
ロートレックとソフィ・カル
新たなチャレンジで幕開け!


とに~美の館
私のコレクションでございます
とに~伯爵のおはなし

\白熱教室!/
アートは心と脳で楽しむ+推し展 in 2024
[対談]小野正嗣×川畑秀明

[Column]
春のREOPEN & NEW OPEN
横浜美術館/豊田市博物館

2024年、これだけは見ておきたい美術展 番外編
1 メモリアルイヤーを寿ぐ
2 雅なる源氏物語の世界

もっと見たい! 2024年展覧会60
日本美術/西洋美術/宗教美術/古美術/写真/文芸・音楽/デザイン・建築/現代の美術

[ショパール スペシャル]
Part.1 福井江太郎×鏡リュウジ 石に宿る神秘
Part.2 宝石と職人技がおりなす美の極み


1月号予告

▼芸術新潮特別企画

パティック フィリップ
日本の風流を描く

丸紅ギャラリー
小袖裂からよみがえった
桃山の美と「ふしみ殿」への新たな接近

ポーラ美術館
AI時代の100年前、希望と不安の転換期を読む

ART CAFÉ SPECIAL

最新号PICK UP

今年は増刊号でお届けします

 この先1年間の展覧会をまとめて紹介する「これだけは見ておきたい2024年美術展」。今年は増刊号でお届けします。
 ご覧の頁は巻頭グラフより。右頁は歌麿のライバルと目された、旗本であり浮世絵師である鳥文斎ちょうぶんさい栄之えいしによるもの。現存数が少ない栄之作品が世界で初めて一堂に会する展覧会が開かれます。左頁のカラヴァッジョ作品は、「永遠の都ローマ展」の福岡会場で初来日。こういった「初」モノに加え、国内での大規模個展は8年ぶりとなる村上隆展や、10年ぶりとなるデ・キリコの大回顧展など、「○○ぶり」の大型展も多数。興奮の1年になりそうです。

芸術新潮

 しりあがり寿さんによるユーモアあふれる各章扉もすっかり定着。今回はデ・キリコ作品に想を得て、「きりこ」と「きりお」がナビゲーターを務めます。さらに、美術ツウが注目する「もっと見たい! 2024年展覧会60」、テート美術館展の会場で撮りおろした板垣李光人さんのグラフ頁、NHK「日曜美術館」でおなじみの小野正嗣さん×美を感じる脳の研究をされている川畑秀明さんの対談など、企画盛りだくさんの美術ファン必携ガイドになっています。付録のカレンダーは鏡リュウジさんの星座占いつき!

芸術新潮

この号の誌面

お知らせ

【生誕100年記念 特集】わたしたちには安部公房が必要だ

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

芸術新潮増刊号とは?

「暮らし」はアートであるをキャッチフレーズにあらゆる事象を「芸術」という観点から検証し、表現する「芸術新潮」。1950年に創刊され、歴史と文化を見続けてきたハイクオリティなアートマガジン。歴史的な芸術作品から、建築、古美術、現代アートまで、あらゆる「美しきもの」を独自の切り口で紹介しています。

芸術新潮増刊号

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • TSUTAYA
  • kinokuniya
  • honto