ホーム > 文学賞 > 新潮新人賞

新潮新人賞

主催:新潮社 発表誌:「新潮」

 第50回 新潮新人賞 受賞作品

いかれころ

三国美千子

受賞作品、各選考委員の選評については、2018年10月6日発売の「新潮」11月号にて掲載いたします。

受賞の言葉

《受賞作》
いかれころ/三国美千子
(「桜河」を改題)

【略歴】(みくに・みちこ)
1978年11月大阪府生まれ。39歳。近畿大学大学院日本文学研究科修士課程修了。主婦。

【受賞の言葉】
 昔、庭に花がたくさん咲く家に住んでいた。白、黄色、濃い桃色の小菊だとか、か細い桔梗、ふっさりした銀猫柳にこでまり。うねうねして虫だらけの鶏頭。そうしたものを死んだ祖父は農業のかたわら飽きることなく植え続けていた。母曰く、それらは仏にあげる花だったそうだ。「儂死んだら花屋でこうた花みたいなもん供えていらん。庭に咲いた花を供えてくれ」、と。しかし彼は亡くなる前に、自分の墓用の仏花の永久購買契約をむすんでいったそうだ。そういう私も四十九日以来、彼の墓には参っていない。代わりにはならないだろうが、河内の彼の耕していた土からできた小説をせめてもの供養にと思う。
 こうした機会を与えて下さったすべての人々と様々な出来事のぜんぶに感謝する。

[→受賞者インタビュー 河内という土地に書かされた/三国美千子]

第50回 新潮新人賞 候補作品

いまここでこしらえている 川瀬章太
練子と卯太郎 宮川朔
善知鳥 樋口智
ロボのいた海辺 松元聿佳
いかれころ 三国美千子

第50回 選考委員

過去の受賞作品

応募規定 第51回 新潮新人賞

本賞が待ち望むのは、
文芸の新たな可能性を拓く
未知の才能の劇的な登場です。

当選作

正賞―特製記念ブロンズ楯、副賞―五十万円

締切

二〇一九年三月三十一日(当日消印有効)

発表

「新潮」二〇一九年十一月号誌上に発表(予選通過作品・作者名は十月号に掲載)

未発表の小説に限る。枚数は四〇〇字詰め原稿用紙(ワープロの場合は四〇〇字換算)二五〇・・・枚以内(短篇も可)。同人雑誌発表作や他の新人賞に応募済みの作品は対象外です。

原稿はしっかり綴じ、冒頭に表題、枚数(四〇〇字換算)、筆名、本名、住所、電話番号、年齢、職業、略歴を明記する。また、別紙一枚にも同様の内容を明記し、原稿に添付してください。

宛先は〒162-8711 東京都新宿区矢来町71 新潮社「新潮」編集部 第51回新潮新人賞係。

当選作の出版権は小社に帰属します。

 

原稿は返却しませんので、必要な方は必ずコピーをとっておいてください。応募や選考についてのお問い合わせには応じられません。

 

応募に関する個人情報は、賞の発表・連絡以外には利用いたしません。

第51回 選考委員

大澤信亮

大澤信亮オオサワ・ノブアキ

 君が何かを期待しているなら、私はそれを殺す門になろう。君が何もかもに絶望しているなら、その闇に残る最後の光となろう。半端な気持ちなら止めてくれ。ここに立つために支払った代償のすべてを賭けて読む。
川上未映子

川上未映子カワカミ・ミエコ

 小説にとっての動脈は複数あるけど、あとから学ぶしかないことも多い。処女作は、自分にとって世界にとって、こればっかりはまだ決着がついていないのだ、足掻くよりほかないのだと思うことだけを絶体絶命で書いてください。
鴻巣友季子

鴻巣友季子コウノス・ユキコ

 日本語なのに異言語で書いてある気がする小説を読みたい。遠い彼岸に架けられない橋を架けようとする小説、自分がだれだかわからなくなるような小説を読みたい。読ませてください。
田中慎弥

田中慎弥タナカ・シンヤ

 作家を目差す人にとって、田中慎弥ほど御しやすい選考委員はいないだろう。田中一人を騙せないようではどうしようもない。田中一人を騙しているようでは心許ない。それもこれも、書かなければ始まらない。
中村文則

中村文則ナカムラ・フミノリ

 現代の文学シーンでデビューするにはどうすればいいかとか、そんなことを考える必要はありません。ただあなたの文学を、全力で小説に込めればいいです。シーンなどあなたが変えてしまえばいい。お待ちしています。

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌