ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2015年5月7・14日号

政権ナンバー2の座に2年と4カ月! 総理の椅子が欲しくなった「菅官房長官」権力の階段

週刊新潮 2015年5月7・14日号

(木曜日発売)

特別定価428円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2015/04/28

発売日 2015/04/28
JANコード 4910203120558
定価 特別定価428円(税込)

政権ナンバー2の座に2年と4カ月!
総理の椅子が欲しくなった「菅官房長官」権力の階段

動機は卒業アルバムと風俗転々! シャンパンタワー終わって拉致!
「黒幕少女」がラインした「18歳少女」生き埋めまでの一部始終

【特別読物】
▼新・兵士に聞け 徴兵制から最も遠い「自衛隊」の真実【前編】
 オキナワの海を守る「P-3C」搭乗記
 作家 杉山隆男
▼遺恨も風化で死刑を免れたオウム「高橋克也」の逃げたが勝ち
 ノンフィクション作家 青沼陽一郎
▼東大合格「塾歴社会」の頂点! 「サピックス小学部」と「鉄緑会」の秘密
 育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさ
▼袖の下は当たり前! 特許も技術も盗まれる! 義理も人情も何もない!
 中国進出「日本企業」への悲惨な「チャイナハラスメント」
 ジャーナリスト 相馬 勝
▼世界最大級の城が目の前に! 「江戸城」めぐり完全ガイド
 城郭ライター 萩原さちこ

読む 見る 聴く【GWお薦めガイド】
●私が選んだ「ベスト5」
 Book Selection 川本三郎/中江有里/大森望/縄田一男
●BD/DVD&CD Selection
●GW映画24本チェック
 Cinema Selection 白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター
●GW Special Guide
●TV視聴室 GW番組スペシャル

腸内年齢130歳! まさかの乳酸菌ゼロ! 大腸がんへまっしぐら!
荒れ果てた本誌記者4名の「腸内フローラ」をどうする?

【ワイド】魔女と淑女と悪女の冒険
(1)「小渕優子」政治資金で裏金作りを解明した「地検特捜部」情けない結末
(2)ド派手披露宴から4カ月で「小倉將信」代議士と別居の「島本真衣」アナ
(3)棚ぼたで派閥領袖になっちゃった「山東昭子」にもう一つ夢がある
(4)「上戸彩」に負け続けたから今があるお色気女優「橋本マナミ」日陰の道
(5)「後藤健二さん」未亡人は悪夢の日から「義母」と一言も口を利かない
(6)妹と元側近から「あの手記はデタラメ」と非難される麻原彰晃「三女」
(7)美人でプロ棋士で医師も目指す「伊奈川愛菓」初段の苦手な学業
(8)局内では腫れ物扱いなのに日テレ「内定取り消しアナ」が見せた胆力
(9)「ヤンキーレスラー」の喧嘩ファイトで顔面崩壊! 「美人ヒール」の述懐
(10)大富豪と結婚「ビビアン・スー」高齢出産の胎教は「ゴッドファーザー」
(11)「上西小百合」のお金目当ての一人会派に「維新」のリベンジ
(12)昼ドラで再ブレイク「田中美奈子」が聖教新聞で折伏アドバイス
(13)75歳で9キロもダイエットした「中村玉緒」の身体に起きていること
(14)「ダンプ松本」は「実のダメ親父」をぶっ殺すためにプロレスを選んだ
(15)「安倍訪米」に「ケネディ家」ゆかりのボストンが入る「キャロライン大使」
(16)獄中からメディアに抗議! 「私の人権」を主張するオウム「菊地直子」
(17)クジラ映画に取り組むドキュメンタリー映画の才媛「佐々木芽生」監督
(18)二枚目夫を運転手つきベンツが送迎する「松田聖子」の浮気コントロール

「やるか…イヤ…やらない」
官邸「ドローン四十男」気弱なブログ原文公開

目標は10年間放置で大幅黒字!
選択肢が多すぎる6000本「投資信託」の単純な買い方

■■■ コラム ■■■
だんだん蜜味【新連載】/壇蜜
スジ論 わたしのルールブック【新連載】/坂上 忍
ほとけを旅する【新連載】/上野 誠
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
おれのゴルフ/青木 功
オモロマンティック・ボム!/川上未映子
TVふうーん録/吉田 潮
もう一度ゼロからサイエンス/竹内 薫
がんの練習帳/中川恵一
戦国武将のROE(交戦規則)/本郷和人
世界史を創ったビジネスモデル/野口悠紀雄
十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
逆張りの思考/成毛 眞
生き抜くヒント!/五木寛之
PTに訊け! 「全身改造」/中野ジェームズ修一
反オカルト論/高橋昌一郎
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
私の週間食卓日記/岡田茉莉子
管見妄語/藤原正彦
週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子

■■■ テンポ ■■■
ロビー/安倍総理「AIIB」問題で「財務省」「経産省」の鞘当て
オーバーシーズ/首領バグダディ重傷「イスラム国」に“謎の後継者”
ビジネス/動き出す「マイナンバー」“銀行混乱”は回避できるか
マネー/“新商品”登場で多様化する「金先物取引」
スポーツ/他球団をも潤す赤ヘル「黒田博樹」のある問題
マイオンリー/北村有起哉「着物」
エンターテインメント/掃き溜めに「大地真央」! の熱海五郎一座
グルメ/ここは銀座?「栞庵 やましろ」で楽しむ山菜料理
タウン/渋滞、渋滞、渋滞、 京都「四条通」の一大事

▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智) ▼結婚
▼墓碑銘 ▼文殊のストレッチ ▼東京情報
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板

■■■ 小 説 ■■■
室町無頼/垣根涼介
犬の掟/佐々木譲
嘘 Love Lies/村山由佳

黒い報告書/岩井志麻子

■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
・コウケンテツの健康ごはん塾

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。