ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2016年3月24日号

【ワイド】春色の時限爆弾

週刊新潮 2016年3月24日号

(木曜日発売)

400円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2016/03/16

発売日 2016/03/16
JANコード 4910203140365
価格 400円(税込)

【ワイド】春色の時限爆弾
(1)自民党から出馬「乙武クン」が非自民に書いていた出馬宣誓書
(2)まもなく帰って来る「清原和博」を待つのは娑婆の煉獄
(3)「菅官房長官」の人事横槍が恐ろしい「田中一穂」財務省事務次官
(4)長男が傲慢な男だから後継者が火種になるラスボス「二階俊博」
(5)「班目春樹」元原子力安全委員長が「3・11事故」をマンガにしたワケ
(6)「ヒラリー」のスカートを踏む「ケネディ」駐日大使の思惑
(7)美人劇団員殺害で有効だった「片っ端からDNA」捜査の利点難点
(8)「五輪マラソン選考」が一発勝負にならない意外な理由がある
(9)「羽鳥慎一」アナが横に立つから「橋下徹」低周波腹筋パッド
(10)元横綱「曙」と「ジャイアント馬場」未亡人に妙な噂がある!
(11)卓球女子の彗星「伊藤美誠」心のタブーは実の父の自己破産
(12)日本アカデミー賞スピーチで野心が垣間見えた嵐「二宮和也」
(13)「田中慶秋」元法相を怖い目にあわせた菩提寺の「墓苑トラブル」
(14)「紀子さま」「眞子さま」をアテンド学芸員にまさかのJK盗撮歴
(15)「今井絵理子」スピード当確に水を差す「創価学会」の重大な事情
(16)地下鉄サリン事件の日に「温泉旅行」を企画は「ああ言えば上祐」
(17)「北川景子」「DAIGO」披露宴のご祝儀はいくらになるかの皮算用

震災5年! 「甲状腺がん」増加を喧伝した「報道ステーション」の罪

「安倍チルドレン」最凶のチャラ男! 表の顔は「婚活議連」事務局長!
秘書にセクハラ! 堂々と二股! 32歳「石崎徹」代議士の不道徳な日常

【特別読物】
「小佐野賢治」「井深大」「小林秀雄」も夢中だった
日本ゴルフの60年史
作家・ゴルフ評論家 早瀬利之

囲碁王者すら圧倒して「人工知能」は世界をどこへ導くか

■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
オモロマンティック・ボム!/川上未映子
TVふうーん録/吉田 潮
もう一度ゼロからサイエンス/竹内 薫
世界史を創ったビジネスモデル/野口悠紀雄
十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
逆張りの思考/成毛 眞
生き抜くヒント!/五木寛之
PTに訊け! 「全身改造」/中野ジェームズ修一
反オカルト論/高橋昌一郎
だんだん蜜味/壇蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
古都再見 幕が下りる、その前に/葉室 麟
国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
私の週間食卓日記/緑 魔子
管見妄語/藤原正彦
週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子

■■■ テンポ ■■■
テレビジョン/「南野陽子」より「石田ひかり」の“夫運”
マイオンリー福田富昭「油壺」
ロビー/「民維合流」の先にはヤッカイな「小沢一郎」問題
オーバーシーズ/もう「奇策」しか出ない「反トランプ」包囲網
ビジネス/銀行業界が密かに取り組む「“反社”照会システム」とは
マネー/囲碁ソフトで俄然注目「AI関連銘柄」の化ける時
スポーツ/巨人も西武も泣く「若手キャッチャー」不毛時代
エンターテインメント/“アムラー”から20年! 衰えない「安室奈美恵」の集客力
スクリーン坂上みき『リリーのすべて』
グルメ/和牛5種からお好みで西麻布「ジ イノセント カーベリー」
タウン/金シャチが笑ってらぁ 沸騰「河村たかし」劇場
Bookwormの読書万巻 豊崎由美

▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智) ▼結婚 ▼墓碑銘
▼ガイド ▼文殊のストレッチ ▼東京情報
▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼掲示板

■■■ 小 説 ■■■
この世の春/宮部みゆき
ヒトごろし/京極夏彦
染着/貴志祐介

黒い報告書/安達 瑶

■■■ グラビア ■■■
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
・水村山郭不動産
・コウケンテツの健康ごはん塾

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。