ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:廣末登

廣末登

ヒロスエ・ノボル

著者プロフィール

1970(昭和45)年福岡市生れ。北九州市立大学社会システム研究科博士後期課程修了。博士(学術)。専門は犯罪社会学。国会議員政策担当秘書を経て、福岡県更生保護就労支援事業所長、公益財団法人清心内海塾主席研究員、龍谷大学犯罪学研究センター嘱託研究員などを務める。著書に『組長の娘』『組長の妻、はじめます。』『ヤクザになる理由』『ヤクザと介護』『ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました。』などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

廣末登
登録する

書籍一覧