ホーム > 書籍詳細:炎の回廊―満州国演義四―

炎の回廊―満州国演義四―

船戸与一/著

979円(税込)

発売日:2016/01/01

書誌情報

読み仮名 ホノオノカイロウマンシュウコクエンギ04
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-134323-5
C-CODE 0193
整理番号 ふ-25-13
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 979円

帝政に移行した満州国を揺さぶる内憂外患。そして、遥かなる帝都では二・二六事件が!

溥儀(ふぎ)を皇帝に祭り上げ、帝政へ移行した満州国。だが楽土の風はそよとも吹きはしない。抗日連軍に参じた中国人や金日成を奉ずる朝鮮人がゲリラ戦を仕掛ける。蒙古、ロシア、ユダヤ、インド、民族の野心が地に蟠(わだかま)る。歴史の最前線で、敷島四兄弟はそれぞれの闇に抗いながら日々を重ねてゆく。遥かなる帝都を震撼させた二・二六事件。その報に揺れる大陸の日本人たちを描く、第四巻。

目次
第一章 被弾した明日
第二章 捩じれゆく大地
第三章 血溜まりの宿
第四章 抗日の風と波
第五章 帝都の戒厳令
解説 高山文彦

著者プロフィール

船戸与一

フナド・ヨイチ

(1944-2015)山口県生れ。早稲田大学法学部卒業。1979(昭和54)年『非合法員』で小説家としてデビュー。1985年『山猫の夏』で吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。1989(平成元)年『伝説なき地』で日本推理作家協会賞を受賞。1992年『砂のクロニクル』で山本周五郎賞を受賞。2000年『虹の谷の五月』で直木賞を受賞。2014年、ミステリー文学発展への貢献により、日本ミステリー文学大賞を受賞した。主な作品に『夜のオデッセイア』『猛き箱舟』『炎 流れる彼方』『蝦夷地別件』『龍神町龍神十三番地』『緋色の時代』『夢は荒れ地を』『河畔に標なく』『新・雨月 戊辰戦役朧夜話』「満州国演義」シリーズ全9巻などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

船戸与一
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類