ホーム > 書籍詳細:さよならの言い方なんて知らない。

さよならの言い方なんて知らない。

河野裕/著

649円(税込)

発売日:2019/09/01

書誌情報

読み仮名 サヨナラノイイカタナンテシラナイ
シリーズ名 新潮文庫nex
装幀 越島はぐ/カバー装画、川谷康久(川谷デザイン)/カバーデザイン、川谷デザイン/フォーマットデザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180163-6
C-CODE 0193
整理番号 こ-60-11
ジャンル キャラクター文芸、コミックス
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2019/09/06

物語は始まる。八月の青い、青い、空の下で。

あなたは架見崎の住民になる権利を得ました――。高校二年生の香屋歩の元に届いた奇妙な手紙。そこには初めて聞く街の名前が書かれていた。内容を訝しむ香屋だが、封筒には二年前に親友が最後に残したものと同じマークが。トーマが生きている? 手がかりを求め、指定されたマンションを訪れると……。戦争。領土。能力者。死と涙と隣り合わせの青春を描く「架見崎」シリーズ、開幕。

目次
プロローグ
第一話 あなたは架見崎の住人になる権利を得ました
第二話 映画とコーラとポップコーン
第三話 これまで何匹もの蟻を踏みつけてきた
第四話 他のどれよりも例外的な能力
第五話 口約束に実体はない
第六話 どれも死ぬ理由には足りない
エピローグ

著者プロフィール

河野裕

コウノ・ユタカ

1984(昭和59)年、徳島県生れ。兵庫県在住。2009(平成21)年、『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』でデビュー。2015年、『いなくなれ、群青』で大学読書人大賞を受賞。同作から始まる「階段島」シリーズは2019(令和元)年『きみの世界に、青が鳴る』で完結した。著書に『つれづれ、北野坂探偵舎』『最良の嘘の最後のひと言』、「架見崎」シリーズとして『さよならの言い方なんて知らない。』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

河野裕
登録
キャラクター文芸
登録

書籍の分類