ホーム > 書籍詳細:変見自在 コロナが教えてくれた大悪党

変見自在 コロナが教えてくれた大悪党

高山正之/著

1,595円(税込)

発売日:2021/01/27

書誌情報

読み仮名  
雑誌から生まれた本 週刊新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 224ページ
ISBN 978-4-10-305886-1
C-CODE 0095
定価 1,595円

世界中を混乱させた菌をばらまいておきながら、厚顔無恥で真実を隠す中国。国内感染第一号を日本人に仕立てる大新聞。非道国家と手を結んで私腹を肥やす米新大統領――。厄災が炙り出した悪いヤツらを一刀両断!

著者プロフィール

高山正之

タカヤマ・マサユキ

1942(昭和17)年生れ。ジャーナリスト。1965年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。1998(平成10)年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から2007年3月まで帝京大学教授。「週刊新潮」に連載中の「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている。著書に『変見自在 トランプ、ウソつかない』『変見自在 偉人リンカーンは奴隷好き』『変見自在 ロシアとアメリカ、どちらが本当の悪か』『変見自在 習近平と朝日、どちらが本当の反日か』『歪曲報道』『韓国とメディアは恥ずかしげもなく嘘をつく』『変見自在 中国は2020年で終わる』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高山正之
登録

書籍の分類