ホーム > 書籍詳細:宮本武蔵名場面集 第二集

宮本武蔵名場面集 第二集

吉川英治/原作 、徳川夢声/朗読

3,300円(税込)

発売日:2006/08/30

書誌情報

読み仮名 ミヤモトムサシメイバメンシュウ02
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [2CD]146分
ISBN 978-4-10-830185-6
C-CODE 0893
ジャンル 文芸作品
価格 3,300円

〈朗読の神様〉徳川夢声がライフワークとして取り組んだ朗読「宮本武蔵」より名場面を抜粋して収録。第二集は「槍の宝蔵院にて」から「美剣士小次郎の登場」まで。

目次
●DISCI 槍の宝蔵院にて 73:16
(1)茶漬 (2)般若野
槍術で有名な奈良の宝蔵院を訪ねた武蔵は、そこで不思議な老僧・日観に出会った。武蔵は宝蔵院の高弟・阿巌を一撃の下に倒すが、その様子を見て日観は「強すぎる、もっと弱くなれ」と諭す。後日、阿巌の仇を討とうとする浪人と宝蔵院の僧侶たちに、武蔵は襲われる。死力を尽くして戦う武蔵を日観は遠くで見守っていた。
●DISCII 美剣士小次郎の登場 72:26
【火の巻】(1)美少年 (2)物干竿
阿波から大坂に向う船に猿を連れた若い侍の姿があった。佐々木小次郎である。その船には偶然にも吉岡道場の高弟・祇園藤次も乗り合わせていた。藤次が小次郎の不遜な態度に腹を立て、「船の上から海鳥を斬ってみろ」と無理難題を吹っかけるが、小次郎は応酬して藤次を黙らせる。

著者プロフィール

吉川英治

ヨシカワ・エイジ

(1892-1962)神奈川県生まれ。船具工、記者などさまざまな職業を経て作家活動に入る。国民文学作家と親しまれ、1960(昭和35)年文化勲章受章。『三国志』『宮本武蔵』『新・平家物語』『私本太平記』など、その著作は200を越える。

徳川夢声

トクガワ・ムセイ

(1894-1971)島根県益田生れ。本名福原駿雄。東京府立一中を卒業後、活動写真弁士となる。1915(大正4)年より“徳川夢声”を名乗る。独特のリアルな語り口で一世を風靡した。トーキーの時代を迎えると、漫談家、俳優、文筆家として活躍。1939(昭和14)年、ライフワークとなる吉川英治原作『宮本武蔵』を初めてラジオで朗読する。戦後は日本初のラジオのクイズ番組「話の泉」(NHK)への出演のほか、テレビにも進出。いくつものレギュラー番組を抱える。著作も次々と刊行され、当時では珍しいマルチタレントとして圧倒的な存在感を示した。1950年に第1回NHK放送文化賞、1955年には菊池寛賞を受賞。1957年紫綬褒章、1967年勲四等旭日小綬章受章。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉川英治
登録
徳川夢声
登録
文芸作品
登録

書籍の分類