ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:芸術新潮 > 雑誌詳細:芸術新潮 2015年12月号

【没後50年&生誕130年記念◎特集】谷崎潤一郎の女・食・住(nyo・shoku・ju) 情痴の文豪、大人読みガイド

芸術新潮 2015年12月号

(毎月25日発売)

1,466円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2015/11/25

発売日 2015/11/25
JANコード 4910033051251
定価 1,466円(税込)

編集長から

女・食・住(にょ・しょく・じゅう)という
谷崎潤一郎の創作の糧

 今年は没後50年、明けて2016年は生誕130年を迎える谷崎潤一郎。じつは谷崎作品は、年齢を重ねてから読んだほうが面白さにハマる。手はじめに今号巻頭の絵で読む「」をご覧いただければ、その意味がすぐに分かるだろう。
 そしてめくるめく谷崎ワールドの誕生には、自身の暮らしぶりが関わっている。妻の妹をめぐる妄想は「痴人の愛」、妻・千代との別れは「蓼喰ふ虫」、三番目の妻となる松子への思いは「盲目物語」や「春琴抄」として昇華されるなど、実際の異性関係が創作のバネとなった。
 作品の随所に見られる食の描写は、牛鍋やビフテキをこよなく愛し、食卓に食べきれぬほどご馳走を並べて喜んだという谷崎の実生活に裏打ちされている。
 40回以上に及ぶ転居も創作の糧となった。そこで「細雪」や「台所太平記」を生んだ家など、旧居のいくつかを現地取材。
 文学ガイドではできない、文豪の欲望ビジュアル化で、谷崎作品を見つめ直します。

芸術新潮編集長 吉田晃子

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

芸術新潮とは?

「暮らし」はアートであるをキャッチフレーズにあらゆる事象を「芸術」という観点から検証し、表現する「芸術新潮」。1950年に創刊され、歴史と文化を見続けてきたハイクオリティなアートマガジン。歴史的な芸術作品から、建築、古美術、現代アートまで、あらゆる「美しきもの」を独自の切り口で紹介しています。