ホーム > 文学賞 > 日本ファンタジーノベル大賞 > 過去の受賞作品 > 日本ファンタジーノベル大賞 2021 受賞作品

日本ファンタジーノベル大賞 2021

主催:一般財団法人新潮文芸振興会 後援:読売新聞社 発表誌:「小説新潮」

日本ファンタジーノベル大賞ロゴ

2017年に前身の日本ファンタジーノベル大賞の衣鉢を継ぐ形で復活して以来、応募作には深い懐を用意しながらも、最終候補作のレベルの高さに各選考委員を唸らせ、気鋭の受賞者を世に送り出している本賞。「既存の文学新人賞では、自分の作品は評価されないだろう」と諦めかけている、志ある書き手の皆さん。次はあなたの番です。

募集要項 日本ファンタジーノベル大賞2023 ※年号は受賞作品刊行のタイミングに合わせることにしました

 

募集作品 日本語で書かれた、自作未発表の創作ファンタジー小説
応募資格 プロ、アマ不問
応募受付 2022年6月1日(水)~30日(木)当日消印有効
原稿枚数 400字詰原稿用紙300枚~500枚。
ワープロ原稿の場合は1行40字×30行、A4判用紙に縦書きで印字し、400字詰原稿用紙換算枚数を明記。必ず通し番号を振り、2000字程度の作品内容の梗概と、登場人物一覧を添付のこと。
応募方法 氏名(ペンネーム使用の場合は本名を必ず記入)、年齢(生年月日)、略歴、現在の職業(学生であれば学校名・学年)、住所、電話番号を明記の上、下記宛てに郵送。
原稿送付先 〒162-8711 東京都新宿区矢来町71
新潮社「日本ファンタジーノベル大賞」係
賞と賞金 大賞1作 賞金300万円
選考方法 次の選考委員3名により決定。
恩田 陸(作家)、森見登美彦(作家)、ヤマザキマリ(漫画家・文筆家)
敬称略・五十音順
出版 受賞作品は新潮社から単行本として刊行する。
受賞作発表 新潮社ホームページ上及び、「小説新潮」2022年12月号(11月発売)誌上で、受賞作と選考経過を発表する。
権利 受賞作の雑誌掲載権、出版権(電子出版も含む)は新潮社に帰属する。また、受賞者は受賞作の映像化等の二次的使用の管理を新潮社に委託する。
注意事項 ・ 他の文学賞との二重投稿、および受賞作の他賞への応募は認めません。
・ 応募原稿は返却できませんので、必要な方はコピーをお取り下さい。
・ 応募原稿や選考に関する問い合わせには応じられません。
・ 応募に関する個人情報は、文学賞の発表・連絡以外には利用しません。
お問い合わせ先 「日本ファンタジーノベル大賞2023」事務局
TEL:03-3266-5411(平日10:00~17:00)

  日本ファンタジーノベル大賞 2021 受賞作品

鯉姫婚姻譚

藍銅ツバメ

  日本ファンタジーノベル大賞 2021 候補作品

桜立つ ノモマリカ
雁は帰らない 桧口りょう
あした、さよなら日和 堀井拓馬
鯉姫婚姻譚 藍銅ツバメ

選考委員

過去の受賞作品

大賞 鯉姫婚姻譚
藍銅ツバメ
優秀賞 あけがたの夢
岸本惟
大賞 黒よりも濃い紫の国※「約束の果て―黒と紫の国―」に改題
高丘哲次
大賞 勿怪の憑※「鬼憑き十兵衛」に改題
大塚已愛
大賞 権三郎狸の話※「隣のずこずこ」に改題
柿村将彦
  • 大賞 今年の贈り物※「星の民のクリスマス」に改題
    古谷田奈月
    優秀賞 きのこ村の女英雄※「忘れ村のイェンと深海の犬」に改題
    鈴木 伸
  • 優秀賞 朝の容花※「かおばな憑依帖」に改題
    三國青葉
    優秀賞 ワーカー※「絶対服従者(ワーカー)」に改題
    関俊介
  • 大賞 さざなみの国
    勝山海百合
    優秀賞 吉田キグルマレナイト
    日野俊太郎
  • 大賞 わだつみの鎮魂歌※「前夜の航跡」に改題
    紫野貴李
    優秀賞 しずかの海※「月のさなぎ」に改題
    石野晶

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌