ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.24 彩瀬まる

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.24 彩瀬まる

連載中の長編が大詰めを迎え、てんてこ舞いの春の一日に
vol.23 彩瀬まる

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2019年6月号
小説新潮2019年6月号より

著者プロフィール

彩瀬まる

彩瀬まるアヤセ・マル

1986(昭和61)年千葉県生れ。上智大学文学部卒。小売会社勤務を経て、2010(平成22)年「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。2017年、『くちなし』で直木賞候補となる。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『桜の下で待っている』『やがて海へと届く』『朝が来るまでそばにいる』『不在』『珠玉』など。手触りのある生々しい筆致と豊かなイメージに溢れた作品世界で、高く評価されている。他に東日本大震災の被災記『暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出―』がある。

著者プロフィール

彩瀬まるアヤセ・マル

1986(昭和61)年千葉県生れ。上智大学文学部卒。小売会社勤務を経て、2010(平成22)年「花に眩む」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。2017年、『くちなし』で直木賞候補となる。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『桜の下で待っている』『やがて海へと届く』『朝が来るまでそばにいる』『不在』『珠玉』など。手触りのある生々しい筆致と豊かなイメージに溢れた作品世界で、高く評価されている。他に東日本大震災の被災記『暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出―』がある。

彩瀬まる
以前の記事 » « 新しい記事